2019.12.18

卒業生体験談

【卒業生の紹介】8期事務局長 山田晃裕(2期生/通学) ◆メッセージ私は2期生として受講して多くの執筆機会をいただきましたが、それ以上に診断士として大きな財産を得ることができました!企業内、独立に関わらず受講によって得られるメリットは計り知れないと言っても過言ではありません。行動しないと何も始まりません。まずは説明会に行くことから始めてみませんか。 … ◆執筆実績・三菱東京UFJ銀行 RISE UP CLUB 経営TIPS『販路開拓に使える補助金を活用しよう!』『創業期の資金調達で活用できる融資制度』『セグメント別会計のポイント(前半・後半)』『在庫保有のワナ ~適正在庫を管理して…

2019.12.18

卒業生体験談

【卒業生の紹介】8期事務局 中嶋亜美(6期生/通学) ◆メッセージ2020年に開講する8期の事務局を務めます、中嶋です。私は、2018年の試験合格直後に知り合った先輩診断士の方に勧められて説明会に行き、その場で入会した6期の卒業生です。私が取材の学校に入った一番の目的は「中小企業診断士として経験を積みたいから」でした。 内容は期待以上で、実際にフィーをいただきながら執筆をはじめとした中小企業診断士としての仕事を経験させていただきました。企画提案・取材・編集者の方とのやりとり・チームマネジメントなどの経験をしながら、単独や共著で、事業承継・ダイバシティ・金融など、今まで知見のなかったような分野の…

2019.12.18

卒業生体験談

【卒業生の紹介】顧問 木下綾子(1期生/通学) ◆メッセージ私も第1期を受講し、たくさん執筆をさせていただきました。おかげで実績を積みながら、聴く力を鍛えることができました。独立を目指す方にはぜひ受けていただきたいカリキュラムです。独立してから、知識があるだけでは企業や発注者からの信頼を勝ち取ることはできないと感じています。相手の想いをどこまで引き出せるか、それはあなたの聴き方次第です。相手の真のニーズを理解するためにも、聴く力は必須の能力なのです。企業内の方、独立を目指す方、すでに独立している方など、どんな方にも必ず活かせますので、ぜひ受講をご検討ください! ◆執筆実績・第13次 業種別審査…

2019.12.24

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山浦広大(7期生/通学)◆メッセージ診断士試験合格時に既に会社を退職していた私は、すぐに独立して、何らかの診断士活動を始めたいと考えていました。そんな私が、すぐに活動できそうな方法を模索していた中で知ったのが取材の学校。取材の学校では、インタビュースキルやライティングスキルという、診断士としての必須スキルを学べることに加え、執筆案件はもちろんのこと、その他複数の案件を紹介頂き、おかげさまで独立診断士として幸先の良いスタートを切ることができました。合格してすぐにでも診断士活動をしたい方には、本当にお勧めの学校です。 https://producer-house.co.jp/aca…

2020.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】高本奈緒美(7期生/通学)◆メッセージ取材の学校を知ったきっかけは、診断士1年目の5月に某プロコン塾に入り、そこで「取材の学校6期生」の方と一緒になったことです。その方は、既に通学を終えて、実際に企業の取材や執筆活動をしており、話を聞くうちに執筆に興味を持ちました。また実際に取材案件をいただけるのがメリットだなと思い、第7期取材の学校を申し込みました。講義は質が高く、実践的な内容や、実用的な情報が多くて役にたちました。また午前中の講義も時間を効率的に使えてよかったです。講義後は執筆案件だけでなく、様々なお仕事のオファーやセミナーの案内がありました。近々独立予定のため、関心のある…

2020.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】打越大輔(7期生/通学)◆メッセージ「取材の学校、オススメします!」知名度ゼロの私に言われても、すぐに受講する気にはなれないですよね。でも私の名前の記事が、雑誌やネットに掲載されているとなると…。取材の学校で学ぶ、ヒアリングや文章構成の技術は、診断士活動のベースのテクニックになります。そしてなにより「実践の場」。雑誌やウェブにあなたの記事が掲載されるのです!取材の学校への「投資」は、あなたの期待を大きく上回るリターンが得られます。是非これからいろいろな場で出会う先輩に「取材の学校」のことを聞いてみてください。ボクの経験上、たぶん全員が「投資<リターン」と答えると思います。大切な…

2020.01.10

卒業生体験談

【卒業生の紹介】髙務 智法(7期生/通学)◆メッセージ「いつかは本を書いてみたい」そう思いませんか。密かにそんな夢を抱く私は、第一歩として取材の学校を選びました。取材の学校では、読みやすい文章構成や、より読者を引き付ける書き方、正しい自己校正の手法など幅広く”書く”ことを学べます。また、卒業後に執筆案件の紹介も多数あり、“書く”ことを実践する場も設けられています。もちろん名前にもある通り、取材に関して一から丁寧に教わることができるため、診断士に求められる“聴く”力も身に着けることができます。今後“書く”ことを仕事にしたいと考えている方、診断士の基礎スキルを伸ばしたい方にはおススメいたします。こ…

2020.01.11

卒業生体験談

【卒業生の紹介】那須美紗子(7期生/通信) ◆メッセージ約2年前に中小企業診断士に合格し、1年目は取材の学校の名前だけは知っていましたが、正直うさんくさいなあと思っていました。しかし、合格同期に勧められ、1年遅れで受講しました。実際に受講して、執筆の機会をいただけたことはもちろんよかったですが、それだけでなく、取材のスキル、写真撮影のスキル、書くスキルをしっかりと学べたことは、執筆以外の診断士活動にとても生きています。また、受講後、1年を通して同期とFaceBookでつながることもでき、会ったことがない人も同期として、仲間として繋がることができてとてもよかったです。2か月の短期間、しかもオンラ…

2020.01.13

卒業生体験談

【卒業生の紹介】椿 祥隆(7期生/通学)◆メッセージ業務が忙しく、あまり勉強時間が取れない中、なんとか中小企業診断士試験に合格したものの、独学で受けた為、人脈も無いし、診断士協会に所属して活動する時間もお金も無い、そもそも診断士で実務ポイントを取らないと登録すら出来ないという事を合格後に知る有様で、途方にくれていた時、「取材の学校」に出会い診断士活動に光明を見出しました。診断士としての人脈も仕事の当ても無い中、同期の仲間と一緒に勉強出来、実務ポイントも取得できて、尚、お仕事の斡旋まで頂ける、路頭に迷っていた自分にとって、正に救いの神でした。もともと文章の読み書きが好きで、いつか雑誌に記事を書い…

2020.03.17

卒業生体験談

【卒業生の紹介】波多野 晶博(7期生/通学)◆メッセージ最初に取材の学校の名前を聞いた時には、「???」でした。中小企業診断士が「取材」だったものですから。ただ、同期合格者の何人かは取材の学校のことを知っていて、一度説明会だけでも参加してみようと思いました。その後、入学に至るのですが結果は「正解」。堀切さんをはじめ事務局の皆さんの対応も丁寧で、講師の授業の質も高く、また多くの執筆の仕事を頂くこともできました。せっかく取得した資格、「中小企業診断士ならではの仕事をしてみたい!」という思いを持っている方には入学をお勧め致します! https://producer-house.co.jp/acade…

2020.03.18

卒業生体験談

【卒業生の紹介】加茂多恵(7期生/通信)◆メッセージ仕事と子育てをしながら中小企業診断士の仕事をしたい……そう思いながらも、多くの中小企業診断士の活動は平日の夜や休日の昼間が多く、参加できずにいました。取材の学校の通信は、実際に行っている講義を見ることができ、講義を受けている受講生の方々のワークも見ることができます。一部講義は取材の現場と同等に実際に話すことが必要ですが、もしその年に参加できなかったとしても、来年以降に参加することも可能です。なかなか活動の時間が取れないと感じる方も、一度検討してみてはいかがでしょうか。 https://producer-house.co.jp/academy/…

2020.03.20

卒業生体験談

【卒業生の紹介】佐藤和哉(7期生/通学)◆メッセージ先輩診断士から取材の学校を紹介してもらい説明会に参加しました。執筆の機会もいただけて、謝金もいただけるとのことで即申し込みました。実は、取材や執筆で行うことと、診断士が経営支援で行うことはものすごく似ています。取材の学校で教えてくれる「聴く、まとめる、書く」のテクニックは、すぐにコンサルティングで活用できるものばかりでした。さらに何本か書いていくうちに表現力を身に付けることもできました。出版社の編集長ともお知り合いになれたことも大きな収穫です。執筆とは別に仕事の紹介もあり「取材の学校」が私の診断士活動のベースになったのは間違いないです。「迷っ…

2020.03.20

卒業生体験談

【卒業生の紹介】川瀬朋子(7期生/通信)◆メッセージ書くことはもともと好きでしたが、取材の流れやノウハウを体系的に学ぶことができ、大変勉強になっています。アポイントの取り方、取材の時の質問の仕方などは、執筆活動だけではなく、診断活動にも応用することができています。また、執筆のスキルについて学ぶことで、雑誌、書籍、新聞など、日常的に目にするメディアの文章に対する感度が養われ、日々の気づきにつながっています。取材は毎回、事前にインタビュイーのことをしっかり調べ、取材当日には素晴らしいお話を聞かせていただき、世界観にどっぷり浸らせていただき……毎回とってもときめきます! 取材と執筆を通して、新しい分…

2020.03.21

卒業生体験談

【卒業生の紹介】今澤 尚久(7期生/通学) ◆メッセージ中小企業診断士として執筆の仕事もしてみたいなぁ、と漠然と考えていた時に先輩の診断士から取材の学校を紹介していただきました。取材の学校は、実務補習終了後~マスターコースが始まる前の4-5月に短期集中的に開校されるので他の診断士活動と被りません。また、卒業すると実務案件にアサインされますので、単なる座学で終わることなく、診断士にとって必要な「聴く(診る)」「書く」というスキルが実践的に身につくところが良いと思います。さらに、実務案件には他の卒業生とチームとしてアサインされますので、診断士仲間が自然に増えていきます。特に診断士1年目の方にはおす…

2020.03.21

卒業生体験談

【卒業生の紹介】地引 智美(7期生/通学)◆メッセージ中小企業診断士資格を取得したもののどう活かしてよいか分からず、まずは実践の場を経験したい!と1年目で取材の学校に入学しました。取材・執筆のノウハウを学べることはもちろん、多方面で活躍されている講師や同期との縦横の繋がりもでき、濃密でワクワクした2ヶ月間を過ごしました。取材の学校では実践の場が用意されているのが何より魅力です。特に、企画提案の場を通じて自身の思い描いたことをゼロから形にできる経験はかけがえのないものでした。仕事の度に魅力的な取材先の方との出会いや、自身の仕事が形になった時の達成感を味わえることが楽しく、気づけば多くの「聴く」「…

2020.03.22

卒業生体験談

【卒業生の紹介】種村 基(7期生/通学)◆メッセージ―中小企業診断士になったものの、どんな活動をすれば良いか分からない。私もそんな思いを抱いた合格者の1人でした。そんな折、先輩合格者から取材の学校を紹介して頂き、入校を決意しました。『取材の学校に入れば、診断士として執筆実績を積むことができるよ。』先輩診断士の言葉通り、取材の学校では数多くの執筆案件・お仕事情報を頂きました。診断士、最初の一歩は取材の学校がおすすめです。会社の看板に頼らず、自分の名前で仕事していく。あなたもそんな経験を取材の学校でしてみませんか?https://producer-house.co.jp/academy/ ◆執筆実…

2020.03.22

卒業生体験談

【卒業生の紹介】西門 克郎(7期生/通学)◆メッセージ中小企業診断士の試験に合格した、あるいは登録したが診断士としての活動が出来ていない方、どうすれば仕事を受けることができるのか悩まれていませんか。1年前の私も診断士に合格して同じ悩みを抱えていました。取材の学校に入れば、多くの人が取材という入り口から診断士としてお仕事をする可能性が広がるのではないかと感じます。その理由を知りたい方、まずは取材の学校の説明会にご参加またはご視聴いただければと思います。https://producer-house.co.jp/academy/ ◆執筆実績(株)同友館 企業診断ニュース 2019年10月号東京東信用…

2020.03.23

卒業生体験談

【卒業生の紹介】星野盛雄(7期生/通学)◆メッセージ取材の学校を知るきっかけとなったのが、口述セミナーでした。受講されたどの方に聞いても、多くのメリットを語っていたのが印象的でした。そこで診断士試験に合格した後の活動に役立つのであればと申込みました。受講して感じたことは受講料に対して得られるものが非常に大きいということでした。受講したら終わりではなく、その後に執筆の機会が得られ、それがアウトプットの学びとなり、更に自分の実績となります。実績があると、別の活動や執筆にも手を挙げやすくなり、受講していたからこそ得られたことだと感じています。同期生だけでなく、すでに卒業している方と共通な話題にもなり…

2020.03.23

卒業生体験談

【卒業生の紹介】大久保裕司(7期生/通学) ◆メッセージ取材の学校を知ったきっかけは、ある受験生支援団体で先輩診断士から『取材の学校』の名前を聞いたことでした。『取材の学校』と聞いて、中小企業診断士とどう関係があるのかなと、少し不思議に感じましたが、とりあえず説明だけ聞いてみようという軽い気持ちで説明会に参加しました。説明を聞いて、実務従事や執筆の機会が得られるとのことで、モトは取れると思い申し込みました。もともとはこんな軽い気持ちでしたが、授業では「書く」テクニックはもちろん、それ以外に診断士として第一線で活躍されている先輩方の話を聞く機会もあり、とても良い勉強になりました。資格取得後、どう…

2020.03.23

卒業生体験談

【卒業生の紹介】白井 郁也(7期生/通信) ◆メッセージ今はオープンイノベーションの時代。他者との関わりの中で中小企業が研究や知財でアウトプットを出していくには、「聞く」「話す」力が必要。取材の学校で得られるのはまさにその力でした。取材の学校では模擬インタビューなど、講義の中で数々のアウトプットをします。それはいつも真剣勝負。講師の先生はもちろんのこと、他の受講生からいただいた気づきは自分を少なからず変えました。普段全く違う仕事をしている人こそ、得られるものは大きいと思います。そしてそれが本業にも活きてくるのは間違いありません。まずは飛び込んでみませんか? https://producer-h…

2020.03.24

卒業生体験談

【卒業生の紹介】AT(7期生/通学)◆メッセージ「中小企業診断士としての提案力・実践力を磨きたい」-試験合格から2年後、自分の現場経験の不足を痛感し、受講を決意しました。診断士試験で学んだ内容を、提案としてクライアントへの心に届けるには、現場の声を引き出し、それをカタチにしていく力が必要です。「取材の学校」では、講義を通じて、インタビュー準備やヒアリング、執筆等について基礎から学習することができます。また、様々な執筆の機会を提供していただき、経験を通じて、「聞く・書く・話す」といった力を鍛えていただきました。何より、新しい経験は自分の自信にもつながります。「インプットだけでは物足りない。経験を…

2020.03.25

卒業生体験談

【卒業生の紹介】南 多聞(7期生/通学) ◆メッセージ中小企業診断士の活動は十人十色。先輩診断士に日々お会いする中で,中小企業診断士に独占業務がないことは弱みではなく強みとして前向きにとらえる方のほうがより輝いていると感じます。しかしながら,いくら前向きであっても実績のない診断士に仕事は頼みづらいもの。こうした中で,執筆という確かな実績を形にできる「取材の学校」の仕組みは,これから活躍したいと思っている若手診断士にとっては,成功へのキャリア・パスだと思います。0を1にすることの壁を乗り越えさせてくれる「取材の学校」のスキームと取材先での素晴らしい出会いは,若手診断士である貴方を活躍できるフィー…

2020.03.25

卒業生体験談

【卒業生の紹介】鎌市 航太郎(7期生/通学) ◆メッセージ予想をしていなかった中小企業診断士2次試験の合格通知。あわただしく口述試験対策を始めた中で、口述試験セミナーにて「取材の学校」を知りました。受講を決意したきっかけは、執筆もさることながら、企業内診断士で取得を苦労するケースが多い「実務従事ポイント」まで得られるのが魅力だったためです。さらに受講を通じて、様々な経歴を持つ方々と知り合えたことも良かったと思える点です。「執筆との出会い」「実務従事との出会い」「人々との出会い」。様々な出会いが「取材の学校」の魅力です! https://producer-house.co.jp/academy/…

2020.03.25

卒業生体験談

【卒業生の紹介】佐藤智美(7期生/通学)◆メッセージこの1年忙しくも非常に充実していました。中小企業診断士の資格をとったものの何をどうしていいかわからず、とりあえず入った取材の学校でしたが、想像以上に多くの出会いと学びがありました。取材や経営者へのヒアリング等々すべてが初めての経験で、挑戦の連続。一定の年齢に達すると、新しいことへの挑戦は難しくなりますが、取材の学校を通じて挑戦することの楽しさを久々に体感させてもらったように思います。入学を迷っておられる方、とりあえずやってみましょう!きっと得られるものはあります!!https://producer-house.co.jp/academy/ ◆…

2020.03.26

卒業生体験談

【卒業生の紹介】花岡貴志(7期生/通信) ◆メッセージ受験支援団体でお世話になった方からのススメで説明会に参加しました。早期入会特典として実務従事に参加させていただけることも後押しし、即入会しました。資格登録後、様々な活動に参加し時間の捻出が難しくなる中、取材の学校はすべての講座をwebでも受講することが可能でしたので、教室受講が難しくても学べる環境が整っていることが魅力のひとつだと感じました。すべての講座終了後、執筆案件や執筆以外の案件を紹介いただけるため、診断士資格取得後どのように活動を始めていいか変わらなかった自分にとって道しるべのような存在です。同期との横の繋がりもできますので、診断士…

2020.12.23

卒業生体験談

【卒業生の紹介】岡田直子(8期生/東京都在住) ◆メッセージ受験生時代、多くの診断士の先輩方から「取材の学校」の話をうかがっていたので、合格前から活動内容に興味を持っていました。 私は書くことがとても苦手だったので、果たして自分に合うのだろうかと不安もありましたが、説明会に行き、「限られた時間の中で、相手と信頼関係を築き、必要な情報を収集し、分かりやすく文章にまとめるスキル」は、診断士活動に留まらず、ビジネス全般においてとても重要なスキルだと感じ、受講を決めました。 コロナ禍において、通常以上に診断士1年目のスタートをどのように切るか難しい中で、執筆案件をはじめ、さまざまな案件を紹介いただける…

2020.12.24

卒業生体験談

【卒業生の紹介】池田雄紀(8期生/神奈川県在住) ◆メッセージ入学のきっかけは、試験合格後に中小企業診断士ネットワークの一つとして先輩に教えてもらったことです。以前から執筆や取材に興味を持っていたため、もっけの幸いだと感じて飛び込みました。 ここで学ぶインタビュースキルは、単に取材記事を執筆するためのものではなく、今後経営支援をしていく前提となる経営者とのコミュニケーションに役立つものでした。また、各方面での経験が豊富な講師の方々、同期メンバーとの双方向なやり取りを通じて、自分の「現在地」を知り、強みと弱みを整理することにもなりました。 同期メンバーとは、執筆以外にも様々なプロジェクトでご一緒…

2020.12.25

卒業生体験談

【卒業生の紹介】神 貴知(8期生/東京都在住) ◆メッセージ「実際に執筆ができる」そこに魅力を感じ、迷うことなく入校を決めました。そして2か月間、緊張感のある講義と、新しい知識を得る面白さとで毎週充実した日曜日を過ごすことができました。 講義を受けた後に感じた変化として、雑誌などの記事を見る目が変わり、TVなどでのインタビューの仕方を意識するようになり、そして人物写真の撮り方が少しだけうまくなりました。 どれも実力はまだまだですが、経験豊かな講師陣から体系的に教わった事で、興味を深め、楽しさを知ったからでこその変化だと思います。「書く」ことを仕事にできるというのは診断士の魅力の大きな一つです。…

2020.12.26

卒業生体験談

【卒業生の紹介】岡本 崇志(8期生/東京都在住)◆メッセージ心の準備も下調べも足りないまま中小企業診断士2次試験に合格。本当に右も左も分からない中で参加した、口述試験対策セミナーにて「取材の学校」を知りました。 「取材」と聞いてもピンとは来ていなかったものの、受講して良かったと素直に語る、先輩診断士の言葉を信じてみようと思い受講。結果、その決断は大正解でした。多彩な受講生同士の出会い。取材執筆に限らず診断業務全般に活きる魅力的な授業。目標にしたくなる講師の先輩診断士。 「取材の学校」を受講したことで、私の世界は大きく広がりました。卒業後の今もそれは続いています。中小企業診断士になったのに「取材…

2020.12.27

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山崎 健一(8期生/東京都在住)◆メッセージ3人の子供(7歳、5歳、1歳)の世話を夫婦で半日ずつ分担し、時間を捻出して受講しました。結果は大満足。月刊誌編集長への企画提案やアポ取りのマナー、取材現場での傾聴・質問力など、診断士活動に応用できる経験と知識が満載でした。 プロコン塾や受験生支援活動が本格化する前にカリキュラムを終えられる点、都合がつかない時は後から録画で受講できる点もありがたかったです。2020年8月の修了後は、インタビュー、コラム、体験談などの執筆機会に恵まれました。一部はすでに雑誌に掲載され、対価も頂いています。中小企業診断士として請け負った「書く」仕事の実績や…

2020.12.31

卒業生体験談

【卒業生の紹介】渡辺英史(8期生/千葉県在住)◆メッセージ合格発表後、受験生支援団体の先輩たちから『取材の学校』を推す声を多く聞き、説明会に出てみました。取材のノウハウを体系的に学べること、実践の場が多数用意されること、実務従事などの機会も得られることがわかり、すぐに申し込みました。本当によい選択をしたと思っています。 4~5月の受講期間は充実しています。写真撮影やクロスワードパズル作成(有志のみ)まで上級の知見が得られたのは望外の収穫でした。受講が終わると執筆実務や診断士業務の話が多くあります。コロナ禍にあっても診断士仲間を拡げることができ、自分の診断士活動の基盤になっています。まずは説明会…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…