2020.03.23

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
白井 郁也(7期生/通信)

◆メッセージ
今はオープンイノベーションの時代。他者との関わりの中で中小企業が研究や知財でアウトプットを出していくには、「聞く」「話す」力が必要。取材の学校で得られるのはまさにその力でした。
取材の学校では模擬インタビューなど、講義の中で数々のアウトプットをします。それはいつも真剣勝負。講師の先生はもちろんのこと、他の受講生からいただいた気づきは自分を少なからず変えました。
普段全く違う仕事をしている人こそ、得られるものは大きいと思います。そしてそれが本業にも活きてくるのは間違いありません。まずは飛び込んでみませんか?
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
(一社)中小企業診断協会『企業診断ニュース』2019年9月号 特集「元気な中小企業訪問記12」
(株)同友館『企業診断』2020年1月号 「診断士クロスワード」(予定)
(公財)モラロジー研究所『れいろう』2020年2月号 「僕らの未来スケッチ」(予定)

◆プロフィール
農学系研究科修士課程修了後、食品メーカーに勤務。研究開発業務と知財業務を兼務しています。平日の一部と週末は職場に近い大学の農学系研究室にて、博士課程社会人学生として機能性食品の研究に従事。限られた時間を捻出しながら、診断士活動を細々と続けています。

その他の記事

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】 吉田 潤(9期生/東京都在住)

【卒業生の紹介】吉田 潤(9期生/東京都在住)◆メッセージ的確な質問により必要な情報を過不足なく引き出し、読み手を意識した文章にまとめる力は、中小企業診断士の業務のみならず、あらゆるビジネススキルの基本になります。取材の学校では、そんなノウハウを、雑誌等に掲載されるインタビュー記事執筆のプロセスを通じて学ぶことができます。単に訊いて書くということだけではなく、事前の準備から各種イレギュラー対処まで、現実的な知恵を得ることができます。 加えて、ここには、あなたと同じ時期に診断士試験に合格した、つまり、知識レベルの合った意欲的な同期生たちがいます。このセミナーに参加し、課題をこなしていく3か月ほど…

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
吉川 和明(9期生/千葉県在住)

【卒業生の紹介】吉川 和明(9期生/千葉県在住)◆メッセージ取材の学校では、文章を書くスキルだけでなく、取材相手から話を聴きだして同じ目線で物事を捉え、相手の心情を読み解くスキルも身につきます。これは企業診断で経営者にヒアリングする際にも活用できるスキルです。スキルアップのために、雑誌記事やコラム記事の執筆機会を与えてもらえます。記事を投稿することで自分の名前も公開されますし、診断士活動のアピールにもなります。取材記事の場合は、様々な分野で活躍されている方々の話を聞く機会が得られ、独自の考え方や熱い想いに直接触れることができ自分自身の知見も広がります。また、同期生を含めた取材の学校出身者との関…