2020.03.23

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
白井 郁也(7期生/通信)

◆メッセージ
今はオープンイノベーションの時代。他者との関わりの中で中小企業が研究や知財でアウトプットを出していくには、「聞く」「話す」力が必要。取材の学校で得られるのはまさにその力でした。
取材の学校では模擬インタビューなど、講義の中で数々のアウトプットをします。それはいつも真剣勝負。講師の先生はもちろんのこと、他の受講生からいただいた気づきは自分を少なからず変えました。
普段全く違う仕事をしている人こそ、得られるものは大きいと思います。そしてそれが本業にも活きてくるのは間違いありません。まずは飛び込んでみませんか?
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
(一社)中小企業診断協会『企業診断ニュース』2019年9月号 特集「元気な中小企業訪問記12」
(株)同友館『企業診断』2020年1月号 「診断士クロスワード」(予定)
(公財)モラロジー研究所『れいろう』2020年2月号 「僕らの未来スケッチ」(予定)

◆プロフィール
農学系研究科修士課程修了後、食品メーカーに勤務。研究開発業務と知財業務を兼務しています。平日の一部と週末は職場に近い大学の農学系研究室にて、博士課程社会人学生として機能性食品の研究に従事。限られた時間を捻出しながら、診断士活動を細々と続けています。

その他の記事

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…