約2,300本の取材と実績

「取材の匠」とは、経営に精通した中小企業診断士約500名が在籍する、プロフェッショナルなライター集団です。深い内容の取材や執筆記事を求めていらっしゃる皆様にサービスを提供しております。

2024.02.26

この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で、増田利弘さんの「「人の倍」勉強して勝ち取った合格。「省エネ」診断士が注ぎ込んだ勉強へのエネルギー」の取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の鈴木俊治です。この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で、増田利弘さんの「「人の倍」勉強して勝ち取った合格。「省エネ」診断士が注ぎ込んだ勉強へのエネルギー」の取材記事を執筆させていただきました。 新規事業へ取り組む中で中小企業診断士資格を志し、人の倍、実に2,080時間勉強し、見事に合格を勝ち取りました。受験時代の葛藤や合格後の活動における想いなどぜひご一読ください。第1回:https://shinpota.com/?p=76426 【 取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」…

2024.02.26

この度、モラロジー道徳教育財団発行『れいろう』令和6年3月号の連載企画「世界に誇る日本のMATSURI」の執筆を担当させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の植村 裕加です。この度、モラロジー道徳教育財団発行『れいろう』令和6年3月号の連載企画「世界に誇る日本のMATSURI」の執筆を担当させていただきました。 連載5回目の今回は、日本三大祭に数えられる天神祭について、大阪天満宮の方にお話を伺いました。千年もの長い歴史を持つ祭りに対する思い、伝統を受け継ぎながら時代に応じた新しい取り組みなどについて、紹介しています。今年の天神祭は、宵宮が7月24日(水)、本宮が7月25日(木)に開催されます。お時間があれば足を運んでみてはいかがでしょうか。 雑誌『れいろう』は書店では販売していませんが、Webサイト『道徳の…

2024.02.20

この度,公益財団法人モラロジー道徳教育財団発刊『月刊三方よし経営』令和6年3月号の連載企画「三方よしへの挑戦」の執筆を担当させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の中村友一です。この度,公益財団法人モラロジー道徳教育財団発刊『月刊三方よし経営』令和6年3月号の連載企画「三方よしへの挑戦」の執筆を担当させていただきました。 本記事では、洗剤を使わないコインランドリーをつくった、千葉県浦安市の「株式会社wash-plus」の代表高梨健太郎様にお話を伺いました。東日本大震災をきっかけとしたランドリーへの参入とランドリーをキーワードに世界の環境問題の解決にも貢献したいと考え行動されている、その取り組みと想いを語っていただきました。雑誌「月刊三方よし経営」は、Webサイト『道徳の本屋さん』で購入することができます。ぜひご一…

2024.02.19

この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で、鈴木雅子さんの「「途中で立ち止まってもいい」仲間との合格までの長い道のり」の取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生のM.Sです。この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で、鈴木雅子さんの「「途中で立ち止まってもいい」仲間との合格までの長い道のり」の取材記事を執筆させていただきました。 鈴木さんには、中小企業診断士試験に挑戦するにあたり、一度は受験を断念したものの再挑戦し、その中で仲間と出会い多くの学びを得たのちに見事合格したという、貴重な経験を語っていただきました。中小企業診断士試験でなかなか合格できず苦労されている方には勇気づけられる必読の内容となっております。ぜひご一読ください。 第1回:https://shinpot…

2024.02.14

この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で、山崎貴彦さんの「1次試験一発合格からまさかの大苦戦。試験を通して気づかされた本当に大切なこと」の取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生のH.S.です。この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で、山崎貴彦さんの「1次試験一発合格からまさかの大苦戦。試験を通して気づかされた本当に大切なこと」の取材記事を執筆させていただきました。 山崎さんが長年のお勤め先を退職されて、コンサルティングファームへ転職することを決断させた、中小企業診断士試験を合格するまでの道のり。2次試験で大変苦戦され、とうとう4回目で合格をつかみ取りました。合格の決め手となった「本当に大切なこと」や、山崎さんの今後にかける熱い想いなど、ぜひご一読ください。 第1回:https://…

2024.02.14

このたび、株式会社エクスウィルパートナーズ様の志師塾ウェブサイトにて、志師塾卒業生である大澤和子(おおさわかずこ)さんのインタビュー記事を執筆いたしました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の大島隆裕です。このたび、株式会社エクスウィルパートナーズ様の志師塾ウェブサイトにて、志師塾卒業生である大澤和子(おおさわかずこ)さんのインタビュー記事を執筆いたしました。大澤さんは、福祉・介護業界に20年以上携わり、この業界の課題に直面しつつも、新潟県で社会福祉士事務所を立ち上げ、魅力ある福祉の世界実現に向けて活動されています。今回の内容は、事務所立ち上げまでの経緯や立ち上げてから迎えるピンチな状況、その状況をどう捉えて対応するかなど、志師塾の教えを活用して前向きに行動している大澤さんのご紹介になります。ぜひご一読ください。https://44jyuk…

2024.02.13

この度、公益財団法人モラロジー道徳教育財団発刊『月刊三方よし経営』令和6年2月号の連載企画「三方よしへの挑戦」の執筆を担当させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の山崎貴彦です。この度、公益財団法人モラロジー道徳教育財団発刊『月刊三方よし経営』令和6年2月号の連載企画「三方よしへの挑戦」の執筆を担当させていただきました。本記事では、旅行事業をはじめとして、保険事業、不動産事業、ホールセール事業(各旅行代理店に向けた海外航空会社の座席卸売り業務)などを展開している「株式会社アーク・スリー・インターナショナル」の代表取締役会長の大濱啓二様にお話をお伺いしました。コロナ禍の影響で市場規模が大きく縮小した旅行業界において、旅行業を主事業とする同社が、今期、過去最高の利益を期待できるまでに業績を回復させました。何が功を奏し…

2024.02.13

このたび、中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2024年2月号にて、特集「リスタートの極意」の第5章、木下尚慈さんの取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期の渡邉智子です。このたび、中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2024年2月号にて、特集「リスタートの極意」の第5章、木下尚慈さんの取材記事を執筆させていただきました。本特集では、これまで活躍してきた分野や場所を変え,チャレンジングに「リスタート」する方々の取り組みや考え方を紹介し,中小企業診断士の日常活動に資する特集です。第5章に登場する木下さんは、日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)株式会社の元代表取締役社長で、社長退任後に音楽教室「マエストローラ音楽院」を設立されました。畑違いの音楽教室の世界に飛び込んだ経緯、音楽を通じた社会貢献と経営理念の…

2024.02.12

このたび、中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2024年2月号にて、特集「リスタートの極意」の第4章、本城慎之介さんの取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期の山田美鈴です。このたび、中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2024年2月号にて、特集「リスタートの極意」の第4章、本城慎之介さんの取材記事を執筆させていただきました。本特集では、これまで活躍してきた分野や場所を変え,チャレンジングに「リスタート」する方々の取り組みや考え方を紹介し,中小企業診断士の日常活動に資する特集です。第4章の本城さんは、現在の楽天グループの創業メンバーのおひとりです。2002年に当時、成長著しかった楽天を離れ、未経験だった「教育」の分野でリスタートすることを選びました。その後、幼小中混在校である「軽井沢風越学園」を設立。現…

2024.02.10

このたび、中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2024年2月号にて、特集「リスタートの極意」の第3章、福岡晃子さんの取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校10期の勝田慶です。このたび、中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2024年2月号にて、特集「リスタートの極意」の第3章、福岡晃子さんの取材記事を執筆させていただきました。本特集では、これまで活躍してきた分野や場所を変え,チャレンジングに「リスタート」する方々の取り組みや考え方を紹介し,中小企業診断士の日常活動に資する特集です。第3章は、元「チャットモンチー」のベーシストとして音楽業界の第一線で活躍されてきた福岡さんが、結婚・出産を経て,地元・徳島にて音楽活動と地元商店街に自身が開業したイベントスペース「OLUYO」を中心に「自分らしく」活動されるに至っ…

2024.02.08

このたび、中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2024年2月号にて、特集「リスタートの極意」の第2章、三國清三さんの取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期の吉江裕子です。このたび、中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2024年2月号にて、特集「リスタートの極意」の第2章、三國清三さんの取材記事を執筆させていただきました。本特集では、これまで活躍してきた分野や場所を変え,チャレンジングに「リスタート」する方々の取り組みや考え方を紹介し,中小企業診断士の日常活動に資する特集です。第2章では、世界に名を馳せるフランス料理のシェフ三國さんが、なぜ37年間成功を収めてきたグランメゾン「オテル・ドゥ・ミクニ」を閉じて店を建て替え、新たな店をスタートする決意に至ったのか、その背景に迫りました。お話を伺う中で、一流…

2024.02.08

このたび、株式会社エクスウィルパートナーズ様の志師塾ウェブサイトにて、志師塾卒業生である小山心兵(こやましんぺい)さんのインタビュー記事を執筆いたしました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の古野誠治です。このたび、株式会社エクスウィルパートナーズ様の志師塾ウェブサイトにて、志師塾卒業生である小山心兵(こやましんぺい)さんのインタビュー記事を執筆いたしました。 小山さんは飲食店専門のコンサルタントとして、20年以上の経験をお持ちです。豊富なコンサル経験や人脈を生かし、直近では新たに協会を立ち上げて全国の仲間とともに外食業界の変革のためご尽力されています。今回の取材では、小山さんの中小飲食店に対する熱い想い、会社設立後の業績は順調であったにもかかわらず志師塾への入塾を決めた背景、今後実現したいことなどをうかがいました。ぜひご一読ください。ht…

2024.02.07

この度,診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で,刈谷力さんの「「収入とやりがい」セカンドキャリアを診断士で切り拓く」の取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の佐藤宗一です。この度,診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で,刈谷力さんの「「収入とやりがい」セカンドキャリアを診断士で切り拓く」の取材記事を執筆させていただきました。 刈谷さんは、第二の人生を充実させるために診断士の資格取得を思い立ち、試行錯誤しながら合格を勝ち取ります。サラリーマン時代に叶えられなかった思いと、家族への感謝を胸に、どのようにセカンドキャリアを切り拓いていくのか、ぜひご一読ください。 第1回:https://shinpota.com/?p=75707第2回:https://shinpota.co…

2024.02.06

この度、モラロジー道徳教育財団発行『れいろう』令和6年2月号の連載企画「世界に誇る日本のMATSURI」の執筆を担当させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の斎藤謙二郎です。この度、モラロジー道徳教育財団発行『れいろう』令和6年2月号の連載企画「世界に誇る日本のMATSURI」の執筆を担当させていただきました。 連載第4回目となる今回は、400年以上の歴史を誇る富山県高岡市の高岡御車山祭について、高岡市観光交流課ならびに高岡御車山祭保存会の方にお話を伺いました。高度な工芸技術を活かした格式ある7基の山車を守りながらも時代に合わせて変化を重ねてきた御車山祭について紹介しています。今年も例年通り5月1日(水)に開催され、前日の4月30日(火)には宵祭も行われます。お時間があれば足を運んでみてはいかがでしょうか。…

2024.02.05

株式会社同友館様発行の月刊『企業診断』2024年2月号にて、株式会社ユニポテンシャル代表取締役、蛎田一博氏へのインタビュー記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校10期生の中村美音です。株式会社同友館様発行の月刊『企業診断』2024年2月号にて、株式会社ユニポテンシャル代表取締役、蛎田一博氏へのインタビュー記事を執筆させていただきました。 蛎田氏は、転職エージェントの社長でありながら、趣味の釣りが高じて予約のとれない人気すし店「有楽町かきだ」の大将となりました。他に類を見ないSNSでのセルフブランディングの裏側と、頭一つ抜きんでるためのマインドを、ぜひご一読ください。 【 取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】ホームページ : https://producer-house.co.jp/…

2024.01.31

このたび、『企業診断』2月号において連載「伝説の合格者たち」を執筆いたしました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の鈴木雅子です。このたび、『企業診断』2月号において連載「伝説の合格者たち」を執筆いたしました。 お話をうかがった田中さんは、大学1年生から勉強を開始し、2年後に大学3年生で見事合格されました。社会人経験のない中、どのように診断士試験と向き合い、合格を果たしたのか。記事では、知識の定着や対応力向上のために意識していたことなどについて紹介しています。ぜひご一読ください。 【 取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】ホームページ : https://producer-house.co.jp/takumi/フェイスブック(取材…