約2,400本の取材と実績

「取材の匠」とは、経営に精通した中小企業診断士約600名が在籍する、プロフェッショナルなライター集団です。深い内容の取材や執筆記事を求めていらっしゃる皆様にサービスを提供しております。

2024.07.09

この度,診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で,則武卓磨さんの「若き挑戦者たちへ。合格への道は「徹底的に真似ろ、浮気をするな。」の二言なり」の取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の宮田香耶です。この度,診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で,則武卓磨さんの「若き挑戦者たちへ。合格への道は「徹底的に真似ろ、浮気をするな。」の二言なり」の取材記事を執筆させていただきました。 則武さんは社会人2年目で中小企業診断士に挑戦されました。社会人経験も試験科目の知識も少ない中、計画性をもって勉強に取り組んでこられた、その分析力と工夫は、一読ありです。20代から挑戦される方にはぜひ読んでいただきたいと思います。第1回:https://shinpota.com/?p=79993 【 取材・インタビューやコラ…

2024.07.04

この度,診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で,阿久津康史さんの「朝4時起き勉強が叶えた2児の父の独学合格。まだまだ世界は広がる。」の取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生のH.Mです。この度,診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で,阿久津康史さんの「朝4時起き勉強が叶えた2児の父の独学合格。まだまだ世界は広がる。」の取材記事を執筆させていただきました。 会社では経営知識が求められる業務が、家庭では子育てが始まるなどの環境変化の中で阿久津さんが志したのが中小企業診断士でした。勉強と家族を両立して試験で打ちのめされながらも資格取得に至った秘訣と、資格取得後に見えた世界についてうかがいました。 第1回:https://shinpota.com/?p=79824第2回:https://sh…

2024.07.02

このたび、『企業診断』7月号において、シリーズ「伝説の合格者たち」第125回を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の永田あゆみです。このたび、『企業診断』7月号において、シリーズ「伝説の合格者たち」第125回を執筆させていただきました。 今回取材させて頂いたのは、薬科大6年生の古関さんです。薬剤師と中小企業診断士という、難関の資格2つを目指したきっかけは、意外な理由からでした。資格を取ると決めてからの徹底したタイムマネジメントや、2次試験の2度目の挑戦時に見せた、初心に戻る振り返りや自身での自己分析など非常に参考になりました。ぜひ、ご一読ください! 【 取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】ホームページ : https://pro…

2024.07.02

『企業診断』2024年7月号に「楽しく覚える!診断士クロスワード」が掲載されました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の本村公一です。『企業診断』7月号に、好評連載中の「楽しく覚える!診断士クロスワード」が掲載されました。今回のテーマは「中小企業経営・中小企業政策」です。勉強の合間にでも、楽しみながら取り組んでいただけるよう工夫を凝らしました。正解者には抽選でプレゼントがありますので(締切は2024年7月19日)、ぜひご応募ください! 【 取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】ホームページ : https://producer-house.co.jp/takumi/フェイスブック(取材の学校): https://www.faceboo…

2024.07.01

このたび、『企業診断』7月号において、連載「プロコンたちの流儀」を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の高橋良介です。このたび、『企業診断』7月号において、連載「プロコンたちの流儀」を執筆させていただきました。今月のプロコンは、小櫃義徳さんです。小櫃さんは、「人」と「組織」の支援に強みを持ち、徹底的に事業者に向き合うという信念のもとに中小企業を支援されています。今回は、コロナ禍でライブハウス事業を立ち上げた事業者の支援事例を執筆しました。 コンサルタントによる問題解決のプロセス、そして「人」と「組織」の支援の実態がわかる内容になっています。ぜひ、ご一読ください! 【 取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】ホームページ …

2024.06.28

株式会社エクスウィルパートナーズ様の「先生ビジネス百科」に、志師塾卒業生であるHomeCareLink代表平井久美(ひらいくみ)さんのインタビュー記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の湯山 聡です。株式会社エクスウィルパートナーズ様の「先生ビジネス百科」に、志師塾卒業生であるHomeCareLink代表平井久美(ひらいくみ)さんのインタビュー記事を執筆させていただきました。平井さんは 在宅医療に特化した医療事務育成コンサル&パートナーとして、「誰一人見放さない。諦めない。」をモットーに一人一人に医療事務員さんを支え続けています。そんな平井さんの、これまでとこれから、志師塾での学びについてたっぷりとお話をうかがいました。私自身、このインタビューを通じて在宅医療の意義、診療報酬請求の難しさ、そして事務員さんを支えることの大切さを知ること…

2024.06.27

この度、全日本美容連合会が発行する 機関紙「ZENBI」2024年7月号掲載の連載企画「伝統芸能に生きる」vol.7にて、鵜匠沢木万理子さんへのインタビュー記事を執筆しました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の松尾啓子(まつお けいこ)です。この度、全日本美容連合会が発行する 機関紙「ZENBI」2024年7月号掲載の連載企画「伝統芸能に生きる」vol.7にて、鵜匠沢木万理子さんへのインタビュー記事を執筆しました。 全国で3人目、関西初の女性鵜匠として宇治川でデビューし、現在23年目を迎える沢木万理子さん。宇治川の鵜飼は長い歴史がありますが、伝統の中にも新しいチャレンジを続けています。インタビューでは、日本国内で初めて鵜の人工孵化にチャレンジし成功された話や幻となっていた「放ち鵜飼」を復活させた話、鵜匠として鵜たちとどのように信頼関係を築かれているかなど、お…

2024.06.26

株式会社エクスウィルパートナーズ様の「先生ビジネス百科」に、志師塾卒業生である田尻勲(たじりいさお)さんのインタビュー記事を執筆いたしました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の佐藤宗一です。株式会社エクスウィルパートナーズ様の「先生ビジネス百科」に、志師塾卒業生である田尻勲(たじりいさお)さんのインタビュー記事を執筆いたしました。田尻さんは、スタートアップ・ベンチャー企業に、助成金を活用した人事労務課題の解決を提案することで、企業の成長をサポートしている社会保険労務士です。「若くて元気のある会社を増やして、日本を元気に盛り上げていきたい」大きな志を持つ田尻さんに、これまでの経緯とこれからのこと、そして志師塾での学びについて、たっぷりとお話をうかがいました、ぜひご一読ください。https://44jyuku.com/tajir…

2024.06.25

この度,診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で,H.Kさんの「頭の中で『コーン』と音がし開眼。事例Ⅰが35点から88点へ飛躍。陰には妻の支え」の取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の松尾啓子です。この度,診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で,H.Kさんの「頭の中で『コーン』と音がし開眼。事例Ⅰが35点から88点へ飛躍。陰には妻の支え」の取材記事を執筆させていただきました。 中小企業診断士試験受験のきっかけや事例IをD判定からA判定へ飛躍させた二次試験1年目と2年目の取り組み方の違い、今後にかける想いなど語っていただきました。ぜひご一読ください。第1回:https://shinpota.com/?p=79657 【 取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】ホ…

2024.06.25

この度、モラロジー道徳教育財団発行『れいろう』令和6年7月号の連載企画「私たちのエシカルライフ」の執筆を担当させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生、植村裕加です。この度、モラロジー道徳教育財団発行『れいろう』令和6年7月号の連載企画「私たちのエシカルライフ」の執筆を担当させていただきました。 今回取り上げたのは「ロクシタンジャポン株式会社」です。同社の多くの製品に使用されている「シアバター」の産地、西アフリカにあるブルキナファソの女性自立支援について紹介しました。女性たちはシアバターの生産を通じて収入を得ることで、自立し、活躍の場を広げています。さらに、同社は女子児童への教育や女性の起業も支援しています。これまでそのような背景を知らずに化粧品を使っていましたが、その背景にあるたくましい女性たちの姿…

2024.06.18

この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~養成課程奮闘編~」で、今井章夫さんの「家族と仲間の絆で勝ち取った中小企業診断士というパスポート」の取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の増田利弘です。この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~養成課程奮闘編~」で、今井章夫さんの「家族と仲間の絆で勝ち取った中小企業診断士というパスポート」の取材記事を執筆させていただきました。 現在、新聞社の新規事業を担当している今井さん。診断士になりたいという強い思いは、家族と養成課程の仲間の絆によって、実現しました。リーダーを務めた実習など、学びと実践の場で、「自信と成長」、そして「多様性の大切さ」を実感したそうです。診断士になってからも進化を続ける今井さんの軌跡、ぜひご一読ください。第1回:https://shinpot…

2024.06.17

このたび、「大田区から広がる!日本の町工場応援メディア『創×造/SO-ZO』」において、東京都葛飾区の岩城フィルム化工株式会社を取材し、記事を執筆しました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の湯山 聡です。このたび、「大田区から広がる!日本の町工場応援メディア『創×造/SO-ZO』」において、東京都葛飾区の岩城フィルム化工株式会社を取材し、記事を執筆しました。 皆さんは、鮮やかな色に彩られたゴルフクラブのシャフトを見たことがあるでしょうか。従来、銀色にメッキが施されたシャフトには塗装が難しく、装飾が施されることはほとんどありませんでした。しかしその一方で、ゴルフクラブで個性を表現できる唯一のパーツとも考えられてきました。岩城フィルム化工の代表取締役である岩城氏はこの難題に挑み、長年の努力を経て見事に解決、独自の塗装技術を生み出しました。この…

2024.06.14

この度、ビズヒントで「株式会社吉開のかまぼこ」の林田茉優社長のインタビュー記事を執筆いたしました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校8期生の宮田昌尚です。この度、ビズヒントで「株式会社吉開のかまぼこ」の林田茉優社長のインタビュー記事を執筆いたしました。福岡県みやま市にある「吉開のかまぼこ」は創業130年を迎えながら後継者不在のため廃業の危機にありました。それを救ったのは大学で起業論を学び、後継者問題の解決に熱意を燃やす学生でした。その熱意の源にあるものから、経営者になってからの気づきまで、奮闘ぶりとともに語っていただきました。勇気が湧いてくるお話です。ぜひご一読ください。 https://bizhint.jp/report/1025125?trcd=feature1 【 取材・インタビューや…

2024.06.14

この度,公益財団法人モラロジー道徳教育財団発刊『月刊三方よし経営』令和6年6月号の連載企画「三方よしへの挑戦」の執筆を担当させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の佐藤宗一です。この度,公益財団法人モラロジー道徳教育財団発刊『月刊三方よし経営』令和6年6月号の連載企画「三方よしへの挑戦」の執筆を担当させていただきました。 本記事では、極めて困難とされていた杏仁100%「本物」の杏仁豆腐を開発した株式会社M・アヴァンスの岸江社長にお話しを伺いました。当社は、従来農家が廃棄していた国産あんずの種を活用した杏仁オイルを作り上げ、あんずを使った地域活性化も行っています。「三方よし」への取り組みとその想いを語っていただきました。 雑誌「月刊三方よし経営」は、Webサイト『道徳の本屋さん』で購入することができます。ぜひご一読…

2024.06.13

このたび、中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2024年6月号にて、特集「地域で羽ばたく中小企業診断士5」の第5章「長崎県の離島から全国に地域活性化の情報を発信」を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の赤宗行三(あかむねぎょうぞう)です。このたび、中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2024年6月号にて、特集「地域で羽ばたく中小企業診断士5」の第5章「長崎県の離島から全国に地域活性化の情報を発信」を執筆させていただきました。第5章では、長崎県で活躍する木下秀鷹さんにお話を伺いました。木下さんは、長崎県の五島市で、事務所「リージョン・クエスト」を設立し、中小企業診断士として活躍されています。実は、木下さんは、さつまいもや鯛など地元産の食材を使った食品製造販売を行う「ごと株式会社」の代表取締役社長も務めています。自身の経験を活かして、地域の企業支…

2024.06.13

このたび、中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2024年6月号にて、特集「地域で羽ばたく中小企業診断士5」の第4章「地域創生支援への原動力は『2つの地元』への思い」を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の石垣健司(いしがきけんじ)です。このたび、中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2024年6月号にて、特集「地域で羽ばたく中小企業診断士5」の第4章「地域創生支援への原動力は『2つの地元』への思い」を執筆させていただきました。 山口県宇部市を拠点として活躍されている上村さんにお話をお伺いしました。上村さんのご出身が、筆者と同じ兵庫県ということもあり、現在までに至る道のりを非常に興味深く聞くことができました。これまで勤務してきた仕事の経験を生かし、現場主義で中小企業を支援する上村さんの活動内容が皆さんの参考になれば幸いです。ぜひご一読ください。 今…