約2,100本の取材と実績

「取材の匠」とは、経営に精通した中小企業診断士約500名が在籍する、プロフェッショナルなライター集団です。深い内容の取材や執筆記事を求めていらっしゃる皆様にサービスを提供しております。

2021.11.15

中小企業診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉〜受験奮闘編~」で熊本裕樹さんの取材記事「中小企業診断士合格によりさらに強まった家族への感謝の思い」を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期の重谷亮です。中小企業診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉〜受験奮闘編~」で熊本裕樹さんの取材記事「中小企業診断士合格によりさらに強まった家族への感謝の思い」を執筆させていただきました。熊本さんは3人の小さなお子さんの子育てと受験勉強を両立されて見事合格を勝ち取りました。そこには奥さまの深いご理解がありました。受験勉強と家族の生活の両立に悩んでいる方も多いと思いますので、参考になる話も多いと思います。ぜひ、ご一読ください。第1回 https://shinpota.com/?p=47823 【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務…

2021.11.14

このたび、当職が起案した「企業が従業員の副業を認める際の必須ポイント:就業規則・労働時間編」がアリババジャパンプレスのウエブサイトに登載されました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校8期の武田宗久です。このたび、当職が起案した「企業が従業員の副業を認める際の必須ポイント:就業規則・労働時間編」がアリババジャパンプレスのウエブサイトに登載されました。コロナ禍の影響もあり、副業が注目を集めています。もっとも、「従業員に副業を認めるなければならないのか」「副業を解禁する際にはどのようなことをすればよいのかわからない」という企業も少なくないのではないでしょうか。この記事では意外とわかりにくい副業を理解するための情報が満載です。ぜひご一読いただければ幸いです。https://www.b2b.alibaba.co.jp/aj-press/000940/…

2021.11.13

この度、税経通信12月号の連載企画「中小企業のビジネスナレッジ」において、「ウィズコロナにおける流通小売業界の取組み」について寄稿しました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の吉川和明(よしかわかずあき)です。この度、税経通信12月号の連載企画「中小企業のビジネスナレッジ」において、「ウィズコロナにおける流通小売業界の取組み」について寄稿しました。コロナ禍における流通小売業界では、人との接触機会を減らしつつ、消費者の生活に欠かせない商品やサービスを提供するための対応が求められています。本稿では食品スーパーを中心とした「ウィズコロナ」の取組みについて紹介しています。ぜひご一読ください。 【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】 ホームページ : http://syuzai-takumi.com…

2021.11.10

この度,診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で,HIROさんの「大阪を盛り上げる!セカンドステージを見据え診断士を目指す」の取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生のTAKAです。この度,診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で,HIROさんの「大阪を盛り上げる!セカンドステージを見据え診断士を目指す」の取材記事を執筆させていただきました。HIROさんは大学卒業後20年以上専門商社にて営業の仕事をされています。ご家族との時間を最優先にされながらも2020年度の診断士試験に合格されました。はたしてその秘訣は何だったのか、また、合格後はどのように活動されているのか。ぜひご一読ください。第1回 https://shinpota.com/?p=47698第2回 https://shinp…

2021.11.10

この度、一般社団法人中小企業診断協会の『企業診断ニュース』2021年11月号の特集記事「企業内診断士・孤軍奮闘記」第5章の執筆を担当させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の篠田直和です。この度、一般社団法人中小企業診断協会の『企業診断ニュース』2021年11月号の特集記事「企業内診断士・孤軍奮闘記」第5章の執筆を担当させていただきました。本記事では、税理士事務所が母体の会社に勤務されている齊藤睦美さんからお話を伺いました。齊藤さんは、中小企業診断士の資格を活かして、会社の顧問先に新しい付加価値を提供するために活躍されています。取材を通じて私は多くを学びました。ぜひご一読ください! 【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】 ホームページ : http://syuzai-takumi.com…

2021.11.10

この度、一般社団法人中小企業診断協会の『企業診断ニュース』2021年11月号の特集記事「企業内診断士・孤軍奮闘記」第4章の執筆を担当させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の福田智浩です。この度、一般社団法人中小企業診断協会の『企業診断ニュース』2021年11月号の特集記事「企業内診断士・孤軍奮闘記」第4章の執筆を担当させていただきました。 本記事では、生活支援ロボットの開発、製造、販売を行うベンチャー企業に勤務されている鹿山裕介さんからお話を伺いました。鹿山さんは、中小企業診断士の知見を生かして、経営企画、マーケティング企画、経理財務の分野で活躍され、ロボット技術を通じて健康な長寿社会に貢献する思いについても、お聞かせいただきました。ぜひご一読ください! 【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材…

2021.11.09

この度、『企業診断ニュース』11月号 特集「企業内診断士・孤軍奮闘記6」第3章にて、ヒューマンリソース領域情報メディア会社の髙橋芸臣さんにインタビューさせていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の棚橋史彦です。この度、『企業診断ニュース』11月号 特集「企業内診断士・孤軍奮闘記6」第3章にて、ヒューマンリソース領域情報メディア会社の髙橋芸臣さんにインタビューさせていただきました。親会社への入社翌年に自ら手を挙げて同社に出向した髙橋さん。事業の再生とともに、中小企業診断士の知識を活用しながら人材育成を行い、その後の同社の事業伸長に貢献しました。また、東京都中小企業診断士協会認定「組織開発研究会」の会長としての顔を持っています。社外での診断士活動と社内での業務をどのようにリンクされているのか、うかがいました。ぜひご一読ください。 【取材・インタビュー…

2021.11.09

この度、『企業診断ニュース』11月号,特集「企業内診断士・孤軍奮闘記6」の執筆活動を行いました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の鈴木友也です。この度、『企業診断ニュース』11月号,特集「企業内診断士・孤軍奮闘記6」の執筆活動を行いました。 第2章で取材させていただいたのは、1963年創業のネクタイ・リボンの縫製会社,株式会社ツバメ日吉の長崎隼斗さんです。「経営者の役に立ちたい」。その一心で診断士資格を取得した長崎さん。資金繰り悪化の打開から新規事業の拡大まで、激動の経営のなかに身を置いて得たリアルな経験と知見についてお話いただきました。ぜひご一読ください。 【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】 ホームページ : http://syuzai-…

2021.11.08

この度、『企業診断ニュース』11月号、特集「企業内診断士・孤軍奮闘記6」の執筆活動を行いました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の町中悟です。この度、『企業診断ニュース』11月号、特集「企業内診断士・孤軍奮闘記6」の執筆活動を行いました。中小企業に勤務され、企業内診断士として活躍されている方々にフォーカスした特集です。全5章で構成されている特集であり、私は第1章の序章にあたる記事を執筆いたしました。中小企業診断士の知識を企業内で活用するためのヒントが各章に散りばめてられています。ぜひご一読ください。 【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】 ホームページ : http://syuzai-takumi.com/ フェイスブック(取材の学校): ht…

2021.11.06

この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で、松永俊樹さんを取材しました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の佐藤将人です。この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で、松永俊樹さんを取材しました。松永さんは、2回目の2次試験チャレンジで合格、2020年度に中小企業診断士として登録され、すでにITエンジニアの本業に中小企業診断士の知識を活用しています。インタビューでは、受験のきっかけや苦労したこと、合格の秘訣に加えて、ITエンジニアとしてどのように中小企業診断士の資格を活用するかについて伺いました。中小企業診断士に関心をお持ちの人、特にITエンジニアで中小企業診断士の受験を考えている人は、ぜひ本記事を活用してください。第…

2021.11.04

この度、「大田区から広がる! 日本の町工場応援メディア『創×造 / SO-ZO』」において、東京都大田区の株式会社極東精機製作所を取材・執筆致しました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の山崎勇典です。この度、「大田区から広がる! 日本の町工場応援メディア『創×造 / SO-ZO』」において、東京都大田区の株式会社極東精機製作所を取材・執筆致しました。極東精機製作所は、鍛造品などの異形材を独自の技術で加工し、高付加価値製品を生み出している大田区の町工場です。近年は、金属加工技術と3D設計技術を掛け合わせて開発した美顔器が大ヒット商品となりました。また、ベンチャー企業と協業することで、高速出力が可能な3Dプリンターの開発を手掛けるなど、多角化を進められています。取材では、社長の言葉の端々から、従業員の方や会社の未来に対する、非常に熱い思いを…

2021.11.03

この度、月刊誌『企業診断』11月号の連載記事「プロコンクエスト」で新潟県で活躍されている中小企業診断士の和栗聖先生を取材執筆をいたしました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の柏村斉です。この度、月刊誌『企業診断』11月号の連載記事「プロコンクエスト」で新潟県で活躍されている中小企業診断士の和栗聖先生を取材執筆をいたしました。和栗聖先生は、経営改善計画の策定支援や実行支援や更新としてご活躍されています。中小企業診断士として経営者と向かい合う際の心構え、新潟県特有のご事情など、興味深いお話を伺うことができましたので、ぜひご一読ください。 【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】 ホームページ : http://syuzai-takumi.com/ フェイスブック(取材の学校): https:/…

2021.11.02

この度、月刊「企業診断」11月号にて、連載『プロコンたちの流儀』を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校8期生の山崎健一です。この度、月刊「企業診断」11月号にて、連載『プロコンたちの流儀』を執筆させていただきました。東京都中小企業診断士協会副会長を務める田中敏夫先生に、「御用聞き」の訪問から始まった、10年以上にわたる支援の軌跡を伺いました。個別の問題解決に留まらず、経営者の心理までも支えるその姿勢は、中小企業診断士の存在意義を再認識させられるものでした。ぜひ、ご一読ください。 【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】 ホームページ : http://syuzai-takumi.com/ フェイスブック(取材の学校): htt…

2021.11.01

この度、月刊『企業診断』11月号において、「伝説の合格者たち」の執筆を担当し、大久保克彦さんを取材しました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の高橋弘です。この度、月刊『企業診断』11月号において、「伝説の合格者たち」の執筆を担当し、大久保克彦さんを取材しました。大久保さんは、3歳の双子の育児と試験勉強を両立するため、毎朝4時起きで勉強時間を確保されました。限られた時間を有効活用し、独学でストレート合格を果たした、勉強法についてうかがいました。ぜひご一読ください。 【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】 ホームページ : http://syuzai-takumi.com/フェイスブック(取材の学校): https://www.facebook.com/syu…

2021.11.01

このたび、同友館発行『企業診断』2021年11月号の特集企画「2021年版 養成課程のホントの話」の執筆を担当させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の吉川和明(よしかわかずあき)です。このたび、同友館発行『企業診断』2021年11月号の特集企画「2021年版 養成課程のホントの話」の執筆を担当させていただきました。中小企業診断士になるためには、中小企業診断協会が実施する第1次試験・第2次試験に合格して実務補習を修了または診断実務に従事する方法と、第2次試験合格後に中小企業基盤整備機構または登録養成機関が実施する養成課程を修了する方法があります。 全国で14校ある養成課程実施機関の比較調査を行い、うち7校の運営関係者、修了生に養成課程の魅力を語っていただきました。修了された皆さん全員が「養成課程に行って…

2021.11.01

このたび、同友館発行『企業診断』2021年11月号の特集企画「2021年版 養成課程のホントの話」の執筆を担当させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の成松正樹(なりまつまさき)です。このたび、同友館発行『企業診断』2021年11月号の特集企画「2021年版 養成課程のホントの話」の執筆を担当させていただきました。今年度版の養成課程特集では、全国14校の養成機関のうち、7校の運営関係者と修了生にそれぞれお話をうかがいました。その中で思ったのは、一口に「養成課程」と言っても、養成機関ごとに特徴がかなり異なるということでした。一方で、共通していることもありました。それは、運営関係者の皆さんは、より良い教育サービスを提供しようと日々苦心されていることと、修了生の皆さんは口を揃えて「養成課程に行ってよかった」と…