2019.03.25

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
北村和久(6期生/通学)
◆メッセージ
経営者の言葉や本音を引き出し、整理して、文章で伝える…いずれも、中小企業診断士にとって必須のスキルです。私自身、「取材の学校」に通い、技術だけでなくマインドも含めて磨くことにより、1年目からプロとして対価を頂き仕事ができるようになりました。ここにはエネルギッシュな診断士が集まり、触発しあい、さらに新しい繋がりやプロジェクトが生まれていっています。あなたも、可能性の扉を開きませんか?
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
◆一般社団法人中小企業診断協会『企業診断ニュース』
・ 2018年10月号特集「魔法の習慣10」:「人の役に立つ」という理念を皆で確かめ合う
https://www.j-smeca.jp/at…/article/article_2018_10_16-19.pdf
◆独立行政法人中小企業基盤整備機構 J-Net21
・ 経営課題別に見る 中小企業グッドカンパニー事例集:限りある経営資源をソフト面に注力し、同業他社との差別化を図る
・ 合格者座談会 「私のモチベーション維持法」
https://www.j-smeca.jp/contents/article/2018_10_article.html
◆経営者向けOnlineコラム
◆エクスウィルパートナーズ 先生ビジネス百科
・ 知識を結果に、結果を習慣に ~株式会社ラーニングモア PDCA研究所 代表取締役 山口伸一さん(掲載予定)
・ 先生業の仕事を拡大させる、コミュニケーション術『3つの能力』(掲載予定)
・ “人に読まれる”インタビュー記事の書き方(掲載予定)

◆プロフィール
1982年神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、システムインテグレーターの法人営業、事業企画、経営企画に従事。
多くの経営者にご縁を頂く中、成長企業では「右腕」不足に悩む方が多いことに気づき、その解決を志とする。ミドルの底上げを通して日本の競争力向上に貢献するべく、現在、歴史上の人物をもとにした右腕育成の法則を体系化中。2018年中小企業診断士登録。

====================
ご不明な点がありましたら事務局までお問い合わせくださいませ。
<お問合せ先>
取材の学校事務局
info_interview@producer-house.co.jp

その他の記事

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…