2019.03.19

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
小林健了(6期生/通学)
◆メッセージ
取材の学校では、取材を通じて社会のための文書を作成するという基本事項だけでなく、取材対象者様や同志と多くの方とのつながりを作れる、リーダーとしてプロジェクトを管理しながら雑誌特集により社会への問題提起やノウハウの伝達が可能になるなど、様々な経験を得ることができます。これからの中小企業診断士としての活躍を望まれる方、是非、取材の学校の仲間になりましょう。
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
ミラサポ 経営者・専門家ニュース
「全社一丸で取り組むことが製造業の品質向上のカギ」 (2018/6/29)
「モバイルPOSレジでコストをかけずに業務改善」 (2018/12/17)
「企業診断」2018年12月号特集「「実務補習」にいらっしゃい」リーダー、吉田博之様取材/執筆
公益財団法人日本電信電話ユーザ協会 コラム「システム導入の前に必要な社内コミュニケーション」
(2016/5/16)
埼玉新聞
「小規模事業者持続化補助金」 (2018/3/15)
「中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金」
株式会社エクスウィルパートナーズ
「広く集めて、離さない!!セミナー集客方法」
「もう、続かないとは言わせない!! ブログ記事の書き方」
「集客できる!! 中小企業診断士のホームページの作り方」

◆プロフィール
通信機器メーカで、IT機器の開発業務に携わる。開発の傍ら、業務への必要性により情報処理技術者試験を受け続け、全区分に合格する。その過程で、論述試験はすべて一発合格。論述対策を通じて習得した「相手の意図や要求を汲み取り、そこに応えていく」という文章作成のスタイルを確立し、中小企業診断士、技術士 (電気電子部門) も取得・登録。以後、この文章作成のスタイルを、資格取得に活用するだけでなく、取材や執筆を通じ、社会に発信していきます。

その他の記事

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…