2019.03.19

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
小林健了(6期生/通学)
◆メッセージ
取材の学校では、取材を通じて社会のための文書を作成するという基本事項だけでなく、取材対象者様や同志と多くの方とのつながりを作れる、リーダーとしてプロジェクトを管理しながら雑誌特集により社会への問題提起やノウハウの伝達が可能になるなど、様々な経験を得ることができます。これからの中小企業診断士としての活躍を望まれる方、是非、取材の学校の仲間になりましょう。
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
ミラサポ 経営者・専門家ニュース
「全社一丸で取り組むことが製造業の品質向上のカギ」 (2018/6/29)
「モバイルPOSレジでコストをかけずに業務改善」 (2018/12/17)
「企業診断」2018年12月号特集「「実務補習」にいらっしゃい」リーダー、吉田博之様取材/執筆
公益財団法人日本電信電話ユーザ協会 コラム「システム導入の前に必要な社内コミュニケーション」
(2016/5/16)
埼玉新聞
「小規模事業者持続化補助金」 (2018/3/15)
「中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金」
株式会社エクスウィルパートナーズ
「広く集めて、離さない!!セミナー集客方法」
「もう、続かないとは言わせない!! ブログ記事の書き方」
「集客できる!! 中小企業診断士のホームページの作り方」

◆プロフィール
通信機器メーカで、IT機器の開発業務に携わる。開発の傍ら、業務への必要性により情報処理技術者試験を受け続け、全区分に合格する。その過程で、論述試験はすべて一発合格。論述対策を通じて習得した「相手の意図や要求を汲み取り、そこに応えていく」という文章作成のスタイルを確立し、中小企業診断士、技術士 (電気電子部門) も取得・登録。以後、この文章作成のスタイルを、資格取得に活用するだけでなく、取材や執筆を通じ、社会に発信していきます。

その他の記事

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】 吉田 潤(9期生/東京都在住)

【卒業生の紹介】吉田 潤(9期生/東京都在住)◆メッセージ的確な質問により必要な情報を過不足なく引き出し、読み手を意識した文章にまとめる力は、中小企業診断士の業務のみならず、あらゆるビジネススキルの基本になります。取材の学校では、そんなノウハウを、雑誌等に掲載されるインタビュー記事執筆のプロセスを通じて学ぶことができます。単に訊いて書くということだけではなく、事前の準備から各種イレギュラー対処まで、現実的な知恵を得ることができます。 加えて、ここには、あなたと同じ時期に診断士試験に合格した、つまり、知識レベルの合った意欲的な同期生たちがいます。このセミナーに参加し、課題をこなしていく3か月ほど…

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
吉川 和明(9期生/千葉県在住)

【卒業生の紹介】吉川 和明(9期生/千葉県在住)◆メッセージ取材の学校では、文章を書くスキルだけでなく、取材相手から話を聴きだして同じ目線で物事を捉え、相手の心情を読み解くスキルも身につきます。これは企業診断で経営者にヒアリングする際にも活用できるスキルです。スキルアップのために、雑誌記事やコラム記事の執筆機会を与えてもらえます。記事を投稿することで自分の名前も公開されますし、診断士活動のアピールにもなります。取材記事の場合は、様々な分野で活躍されている方々の話を聞く機会が得られ、独自の考え方や熱い想いに直接触れることができ自分自身の知見も広がります。また、同期生を含めた取材の学校出身者との関…