2019.01.18

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
中嶋亜美(6期生/通学)
◆メッセージ
診断士試験で得た知識をとにかくoutputがしたい。そして経験が欲しい。そんな思いで、右も左もわからないまま診断士1年目で取材の学校に飛び込みました。
企画提案会で提案した自分の企画を採用いただき、仲間や取材協力者、編集者の方と一緒に記事を形にしていく過程はかけがえない経験となりました。そして、経営に関する取材や執筆を重ねる中で、企業経営にもっと携わりたいという思いが強くなり、本業においてもビジネスにより近いロールへキャリアチェンジするに至りました。診断士1年目、取材の学校に入ったことで本当に人生が変わりました。
取材の学校で得られるものは取材スキルや実績だけではありません。それらをやり遂げる経験と、エネルギッシュな同期の出会いとの刺激は、何ものにも代えがたいです。まさに「学校」。大学時代のサークル活動のように、よく学び、よく遊び、よく書いた1年だったなあと思います。
みなさんにも取材の学校で仲間を見つけ、楽しく学びながら、若手診断士としてのキャリアを築いてほしいです。

◆執筆実績
食べる!SSL! ―HTTPS環境構築から始めるSSL入門 Kindle版(2014年11月/共著)
ふぞろいな合格答案 エピソード11: 中小企業診断士2次試験(2018年6月/共著)
(株)NTTドコモ『女性のための“お金”のメディア fuelle』
(株)ZUU『ZUU Online/d.folio』
中小企業庁 ミラサポ 未来の企業 応援サイト 専門家ニュース「人材のダイバーシティが組織にもたらす効用」
東京商工会議所 中小企業活力向上プロジェクト冊子 経営者インタビュー(2019年春(予定))
(株)PHP研究所 『THE21』 OANDA Group CMO David Hodge氏インタビュー(2019年2月号(予定))
(株)同友館 『企業診断』2019年1月号 特集「平成・ベテラン診断士クロストーク」 連載「ふぞろい流合格ゼミ」
(株)同友館・中小企業診断協会『企業診断ニュース』2018年12月号 特集「2018年を振り返る 第2章 人手不足と働き方改革」
(株)同友館・中小企業診断協会『企業診断ニュース』2019年5月号(予定) 特集「中小企業のAI活用時代到来」

◆プロフィール
平日は外資系IT企業にて流通業のお客様のコンサルティング業務に従事。土日は「ビジネスマンが目標を再発見し、自己成長するのを支援する!」をモットーに、コーチ・中小企業診断士・ライターとして、経営者やビジネスマンへのコーチングや取材・執筆など、幅広く「聴く」と「書く」を軸に活動中。

その他の記事

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】 吉田 潤(9期生/東京都在住)

【卒業生の紹介】吉田 潤(9期生/東京都在住)◆メッセージ的確な質問により必要な情報を過不足なく引き出し、読み手を意識した文章にまとめる力は、中小企業診断士の業務のみならず、あらゆるビジネススキルの基本になります。取材の学校では、そんなノウハウを、雑誌等に掲載されるインタビュー記事執筆のプロセスを通じて学ぶことができます。単に訊いて書くということだけではなく、事前の準備から各種イレギュラー対処まで、現実的な知恵を得ることができます。 加えて、ここには、あなたと同じ時期に診断士試験に合格した、つまり、知識レベルの合った意欲的な同期生たちがいます。このセミナーに参加し、課題をこなしていく3か月ほど…

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
吉川 和明(9期生/千葉県在住)

【卒業生の紹介】吉川 和明(9期生/千葉県在住)◆メッセージ取材の学校では、文章を書くスキルだけでなく、取材相手から話を聴きだして同じ目線で物事を捉え、相手の心情を読み解くスキルも身につきます。これは企業診断で経営者にヒアリングする際にも活用できるスキルです。スキルアップのために、雑誌記事やコラム記事の執筆機会を与えてもらえます。記事を投稿することで自分の名前も公開されますし、診断士活動のアピールにもなります。取材記事の場合は、様々な分野で活躍されている方々の話を聞く機会が得られ、独自の考え方や熱い想いに直接触れることができ自分自身の知見も広がります。また、同期生を含めた取材の学校出身者との関…