2019.01.18

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
中嶋亜美(6期生/通学)
◆メッセージ
診断士試験で得た知識をとにかくoutputがしたい。そして経験が欲しい。そんな思いで、右も左もわからないまま診断士1年目で取材の学校に飛び込みました。
企画提案会で提案した自分の企画を採用いただき、仲間や取材協力者、編集者の方と一緒に記事を形にしていく過程はかけがえない経験となりました。そして、経営に関する取材や執筆を重ねる中で、企業経営にもっと携わりたいという思いが強くなり、本業においてもビジネスにより近いロールへキャリアチェンジするに至りました。診断士1年目、取材の学校に入ったことで本当に人生が変わりました。
取材の学校で得られるものは取材スキルや実績だけではありません。それらをやり遂げる経験と、エネルギッシュな同期の出会いとの刺激は、何ものにも代えがたいです。まさに「学校」。大学時代のサークル活動のように、よく学び、よく遊び、よく書いた1年だったなあと思います。
みなさんにも取材の学校で仲間を見つけ、楽しく学びながら、若手診断士としてのキャリアを築いてほしいです。

◆執筆実績
食べる!SSL! ―HTTPS環境構築から始めるSSL入門 Kindle版(2014年11月/共著)
ふぞろいな合格答案 エピソード11: 中小企業診断士2次試験(2018年6月/共著)
(株)NTTドコモ『女性のための“お金”のメディア fuelle』
(株)ZUU『ZUU Online/d.folio』
中小企業庁 ミラサポ 未来の企業 応援サイト 専門家ニュース「人材のダイバーシティが組織にもたらす効用」
東京商工会議所 中小企業活力向上プロジェクト冊子 経営者インタビュー(2019年春(予定))
(株)PHP研究所 『THE21』 OANDA Group CMO David Hodge氏インタビュー(2019年2月号(予定))
(株)同友館 『企業診断』2019年1月号 特集「平成・ベテラン診断士クロストーク」 連載「ふぞろい流合格ゼミ」
(株)同友館・中小企業診断協会『企業診断ニュース』2018年12月号 特集「2018年を振り返る 第2章 人手不足と働き方改革」
(株)同友館・中小企業診断協会『企業診断ニュース』2019年5月号(予定) 特集「中小企業のAI活用時代到来」

◆プロフィール
平日は外資系IT企業にて流通業のお客様のコンサルティング業務に従事。土日は「ビジネスマンが目標を再発見し、自己成長するのを支援する!」をモットーに、コーチ・中小企業診断士・ライターとして、経営者やビジネスマンへのコーチングや取材・執筆など、幅広く「聴く」と「書く」を軸に活動中。

その他の記事

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…