2020.03.21

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
今澤 尚久(7期生/通学)

◆メッセージ
中小企業診断士として執筆の仕事もしてみたいなぁ、と漠然と考えていた時に先輩の診断士から取材の学校を紹介していただきました。取材の学校は、実務補習終了後~マスターコースが始まる前の4-5月に短期集中的に開校されるので他の診断士活動と被りません。また、卒業すると実務案件にアサインされますので、単なる座学で終わることなく、診断士にとって必要な「聴く(診る)」「書く」というスキルが実践的に身につくところが良いと思います。さらに、実務案件には他の卒業生とチームとしてアサインされますので、診断士仲間が自然に増えていきます。特に診断士1年目の方にはおすすめしたいと思います。
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
「中小企業診断士第2次試験 解法実況&事例研究 平成30年度」(Amazon Kindle)
モラロジー研究所「モラルBIZ」10月号「モラビズ大学」
(株)同有館「企業診断ニュース」12月号「2019年を振り返って」
(株)同有館「企業診断」2月号「クロスワードパズル」「目からウロ講義(監修)」(掲載予定)
モラロジー研究所「モラルBIZ」2020年10月号「モラビズ大学」(掲載予定)

◆プロフィール
2018年度試験合格。山梨大学工学部を卒業後、ローランド株式会社に入社。新製品の企画・開発、製造、品質保証、お客様相談センター、サービスセンター等、製品のライフサイクル全般に関わる業務に従事。2015年に株式会社良品計画に転職。品質保証部にて衣服・服飾雑貨、食品、生活雑貨と様々な製造委託先工場の品質改善、生産性改善の支援を行っている。

その他の記事

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…