2019.03.25

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
木村祐介(6期生/通学)
◆メッセージ
2015年に診断士登録したものの、本業で残業が多く診断士活動を全く行えていませんでした。登録して2年半ほど経過して、ようやく診断士活動をする余裕が出てきたときに、まず「取材の学校」に行こうと決めました。同期からもいい評判を聞いていて、是非やってみたいという思いからでした。
実際に講義を受けてみて、今までなぁなぁでやっていた「書く」ということを改めてきちんと学び直せました。社会人としても、診断士としても絶対に必要なスキルです。1年目の方もそうでない方も、皆さん、まずはやってみましょう!
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
・ミラサポ 専門家ニュース
「電子帳簿の導入でコストを削減しよう」
2018年6月公開
・J-NET21 診断士の広場
「苦手科目を克服しての合格者座談会」(座談会参加のみ)
2018年7月公開
・株式会社日本法令
「ストーリーで分かる合同会社のつくり方(仮称)」
2019年3月発売予定
・東京商工会議所
「中小企業活力向上プロジェクト」
2019年春発行予定
・株式会社同友館 企業診断
「プロコンたちの流儀」
2019年4月号掲載予定
・株式会社きんざい
「第14次業種別審査事典」 3業種
2020年発売予定

◆プロフィール
早稲田大学法学部卒。ネット配信企業にて経理職に従事。SI企業、アパレル小売などで財務・経理職を経験し、現在に至る。2015年に中小企業診断士として登録。工事業、製造業、教育事業、商店街支援などのコンサルティングを経験。

====================

ご不明な点がありましたら事務局までお問い合わせくださいませ。
<お問合せ先>
取材の学校事務局
info_interview@producer-house.co.jp

その他の記事

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】 吉田 潤(9期生/東京都在住)

【卒業生の紹介】吉田 潤(9期生/東京都在住)◆メッセージ的確な質問により必要な情報を過不足なく引き出し、読み手を意識した文章にまとめる力は、中小企業診断士の業務のみならず、あらゆるビジネススキルの基本になります。取材の学校では、そんなノウハウを、雑誌等に掲載されるインタビュー記事執筆のプロセスを通じて学ぶことができます。単に訊いて書くということだけではなく、事前の準備から各種イレギュラー対処まで、現実的な知恵を得ることができます。 加えて、ここには、あなたと同じ時期に診断士試験に合格した、つまり、知識レベルの合った意欲的な同期生たちがいます。このセミナーに参加し、課題をこなしていく3か月ほど…

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
吉川 和明(9期生/千葉県在住)

【卒業生の紹介】吉川 和明(9期生/千葉県在住)◆メッセージ取材の学校では、文章を書くスキルだけでなく、取材相手から話を聴きだして同じ目線で物事を捉え、相手の心情を読み解くスキルも身につきます。これは企業診断で経営者にヒアリングする際にも活用できるスキルです。スキルアップのために、雑誌記事やコラム記事の執筆機会を与えてもらえます。記事を投稿することで自分の名前も公開されますし、診断士活動のアピールにもなります。取材記事の場合は、様々な分野で活躍されている方々の話を聞く機会が得られ、独自の考え方や熱い想いに直接触れることができ自分自身の知見も広がります。また、同期生を含めた取材の学校出身者との関…