2020.03.20

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
佐藤和哉(7期生/通学)
◆メッセージ
先輩診断士から取材の学校を紹介してもらい説明会に参加しました。執筆の機会もいただけて、謝金もいただけるとのことで即申し込みました。実は、取材や執筆で行うことと、診断士が経営支援で行うことはものすごく似ています。取材の学校で教えてくれる「聴く、まとめる、書く」のテクニックは、すぐにコンサルティングで活用できるものばかりでした。さらに何本か書いていくうちに表現力を身に付けることもできました。出版社の編集長ともお知り合いになれたことも大きな収穫です。執筆とは別に仕事の紹介もあり「取材の学校」が私の診断士活動のベースになったのは間違いないです。「迷ったらまずはやってみる」と謳って結構ガッカリな研究会やマスターコースもありますが、「取材の学校」は間違いなく期待以上のものが得られました。迷っている方は、ぜひご参加してみてはいかがでしょうか。取材の学校は裏切らないと思います。
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
『ザ・交渉術~商談でも、社内稟議でも、家庭でも、交渉がスムーズに行く術』(Kindle版)
(株)同友館 『企業診断』 2019年11月号 レポート:こんな人にお勧めしたい養成課程という選択
(株)同友館 『企業診断』 2020年1月号、4月号(予定) 連載:くいしんぼう診断士の冒険
(株)同友館・中小企業診断協会 『企業診断ニュース』 2020年3月号(予定) 特集「企業内診断士の資格の活かし方」
(株)同友館・『診断士合格・資格活用体験記Ⅷ』 2020年3月号(予定)
株式会社ビズリーチ ブログ記事 ビズヒント補助金 4本
東京東信用金庫 東京イースト 中小企業の未来(2019年春(予定))

◆プロフィール
大学卒業後NTTに入社。その後子会社の広告代理店に出向する。広告宣伝やプロモーションの仕事の魅力にとりつかれ、19年勤めたNTTを退職してプロモーション会社を設立。中小企業向けにホームページ制作やWebプロモーションのサービスを提供する傍ら中小企業診断士の資格を取得する。現在は中小企業の経営支援や商工会議所等のセミナー講師、月刊誌の連載の執筆など幅広く活動しており診断士の「診る、話す、書く」を実践している。診断士登録は2019年5月。

その他の記事

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…