2019.03.11

卒業生体験談

取材の学校は東京に加え大阪、名古屋でも開校します!
(写真は昨年の全国合同講義の様子)
~~~~~~~~~~~~

【卒業生の紹介】
長東大樹(6期生/通信)

◆メッセージ
地方在住の方にこそ受講をオススメしたい。
三大都市圏以外では、診断士に関する情報集め・スキル向上・実績作りに苦労するかも知れません。実際に、私がそうでした。診断士試験に合格したものの、どう活動していくのか、その情報が全くありませんでした。取材の学校では、全国の診断士と知り合うことができ、さらに取材・執筆を通じた診断士としてのスキル向上や執筆実績を積むことができます。
三大都市圏以外では通学しにくいですが、通信での受講も可能です。私は4回を通信、3回を通学で受講しました。3回の通学は、東京、名古屋、大阪に各1回ずつ出席し、各地区の受講生と交流を持つことができました。
これからの診断士ライフを充実したものにするためにも、説明会から参加してみませんか。
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
月刊「企業診断」2018年12月号 特集 「実務補習」へいらっしゃい
・第1章 15日間コース 坂田政寿様 取材・執筆
・終章 実務補習後の世界
月刊「企業診断」2019年2月号 クロスワードパズル
「企業診断ニュース」2019年4月号特集
「モラルBIZ」2019年7月号巻頭

◆プロフィール
石川県金沢市出身、在住。大学院修士課程で物理学専攻を修了後、大手電子部品メーカーに就職し、千葉県にて材料開発から製品量産化までに従事。2015年、北陸新幹線開業と同時に故郷の石川県内の中小製造業にUターン転職し、品質保証課に所属。品質保証のみならず、生産管理、人材育成にも関わる。2018年、中小企業診断士登録し、取材の学校を通じて取材・執筆を中心に活動中。

その他の記事

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…