2020.12.25

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
神 貴知(8期生/東京都在住)

◆メッセージ
「実際に執筆ができる」そこに魅力を感じ、迷うことなく入校を決めました。そして2か月間、緊張感のある講義と、新しい知識を得る面白さとで毎週充実した日曜日を過ごすことができました。

講義を受けた後に感じた変化として、雑誌などの記事を見る目が変わり、TVなどでのインタビューの仕方を意識するようになり、そして人物写真の撮り方が少しだけうまくなりました。

どれも実力はまだまだですが、経験豊かな講師陣から体系的に教わった事で、興味を深め、楽しさを知ったからでこその変化だと思います。「書く」ことを仕事にできるというのは診断士の魅力の大きな一つです。『取材の学校』は私にその第一歩を踏み出させてくれました。
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
・同友館 中小企業診断ニュース8月号 特集 元気な中小企業訪問記
・診断士ポータルサイト「シンポタ」 特集企画拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~ 
・日本法令 〇〇がまるごとわかる本(予定)

◆プロフィール
精密機器メーカー、コンサルティングファームを経て、IT系企業の経営企画部門の責任者として国内事業の再生、海外グループ会社の立ち上げ、戦略策定等に携わる。2020年、中小企業をサポートしたいとの思いから、中小企業診断士して独立。

その他の記事

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…