2020.03.22

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
西門 克郎(7期生/通学)
◆メッセージ
中小企業診断士の試験に合格した、あるいは登録したが診断士としての活動が出来ていない方、どうすれば仕事を受けることができるのか悩まれていませんか。1年前の私も診断士に合格して同じ悩みを抱えていました。取材の学校に入れば、多くの人が取材という入り口から診断士としてお仕事をする可能性が広がるのではないかと感じます。その理由を知りたい方、まずは取材の学校の説明会にご参加またはご視聴いただければと思います。
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
(株)同友館 企業診断ニュース 2019年10月号
東京東信用金庫 書籍(予定)

◆プロフィール
大学卒業後、組み込み機器のシステムエンジニアを約10年。その後、ハイテク業界の技術コンサルティングに従事して早10年。技術コンサルティングでは、お客様にやる気を出してもらう独自のアプローチを実践中。成功の秘訣は技術と同じぐらいお客様の気持ちを大切すること。さまざまな企業の中に入り込んで仕事をしてきた経験を活かし、企業内診断士という立場で,執筆業から経営支援のコンサルティング業務を広げる可能性を模索中。

その他の記事

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…