2020.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
高本奈緒美(7期生/通学)
◆メッセージ
取材の学校を知ったきっかけは、診断士1年目の5月に某プロコン塾に入り、そこで「取材の学校6期生」の方と一緒になったことです。その方は、既に通学を終えて、実際に企業の取材や執筆活動をしており、話を聞くうちに執筆に興味を持ちました。また実際に取材案件をいただけるのがメリットだなと思い、第7期取材の学校を申し込みました。講義は質が高く、実践的な内容や、実用的な情報が多くて役にたちました。また午前中の講義も時間を効率的に使えてよかったです。講義後は執筆案件だけでなく、様々なお仕事のオファーやセミナーの案内がありました。近々独立予定のため、関心のあるテーマや自分に合いそうな案件に手をあげさせていただけるのは大変有難いと思っています。
執筆案件ももっとたくさん手がけたかったのですが、他の業務とのバランスでなかなかこなせなかったのが残念です。多くの方が診断士登録前に取材の学校を知り、資格取得後すぐに通われていますが、私は1年遅れてしまったので、タイミングとしては、やはり1年目に通われるのをお勧めします。独立後は取材の学校で学んだことを活かして書籍出版も目指したいと思っています。

◆執筆実績
株式会社同有館『企業診断』 特集「3K職場の人材採用戦略」※2020年3月号予定
公益財団法人モラロジー研究所『れいろう』 特集「ぼくらの未来スケッチ3」
2020年3月号決定

◆プロフィール
2018年4月中小企業診断士登録。楽器総合メーカーにて長年教室ビジネスに従事。
取引先の経営支援を初め、新規出店計画からプロモーション施策、スタッフ人材育成に携わる。ブランディング、プロモーションが得意。ダイバーシティコンサルタント。2020年4月独立予定。

その他の記事

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】 吉田 潤(9期生/東京都在住)

【卒業生の紹介】吉田 潤(9期生/東京都在住)◆メッセージ的確な質問により必要な情報を過不足なく引き出し、読み手を意識した文章にまとめる力は、中小企業診断士の業務のみならず、あらゆるビジネススキルの基本になります。取材の学校では、そんなノウハウを、雑誌等に掲載されるインタビュー記事執筆のプロセスを通じて学ぶことができます。単に訊いて書くということだけではなく、事前の準備から各種イレギュラー対処まで、現実的な知恵を得ることができます。 加えて、ここには、あなたと同じ時期に診断士試験に合格した、つまり、知識レベルの合った意欲的な同期生たちがいます。このセミナーに参加し、課題をこなしていく3か月ほど…

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
吉川 和明(9期生/千葉県在住)

【卒業生の紹介】吉川 和明(9期生/千葉県在住)◆メッセージ取材の学校では、文章を書くスキルだけでなく、取材相手から話を聴きだして同じ目線で物事を捉え、相手の心情を読み解くスキルも身につきます。これは企業診断で経営者にヒアリングする際にも活用できるスキルです。スキルアップのために、雑誌記事やコラム記事の執筆機会を与えてもらえます。記事を投稿することで自分の名前も公開されますし、診断士活動のアピールにもなります。取材記事の場合は、様々な分野で活躍されている方々の話を聞く機会が得られ、独自の考え方や熱い想いに直接触れることができ自分自身の知見も広がります。また、同期生を含めた取材の学校出身者との関…