2019.03.29

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
日下 正浩(6期生/通学)
◆メッセージ
診断士は取ったが、一体何をすればいいのか。そう悩んでいる時に診断士の先輩に勧められたのが「取材の学校」でした。「診断士なのに取材?執筆?」最初はその親和性が理解できませんでしたが、取材や執筆を行う中で、その重要性がわかりました。
診断士に必要なのはコミュニケーション能力です。取材・執筆にはその基本が詰まっています。もともと「聴く力」「書く力」には苦手意識がありましたが、機会を頂いてチャレンジすることで1年前の自分とは比較にならないほど力をつけることができたと感じています。
積極的に行動する人にはチャレンジの機会を与えてくれる。それが取材の学校です。素晴らしい仲間も作れます。診断士としてのスタートにぜひ入会をおすすめします。
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
J-Net21中小企業診断士の広場「苦手科目を克服しての合格者座談会」 司会・執筆
ミラサポ 経営者・専門家ニュース「不当表示をしないために!事例で学ぶ景品表示法」
企業診断2018年9月号「連載 プロコンたちの流儀」 取材・執筆
東京商工会議所 中小企業活力向上プロジェクト小冊子 取材・執筆(2019年春掲載予定)
その他、経営者向けコラム、ブログ記事を執筆

◆プロフィール
香川県出身。大学卒業後、大手化学メーカーに入社。食品部門の営業として法人営業に従事。13年勤務した後、退職。2018年診断士登録し独立開業。現在は主に、経営改善、補助金支援、販路開拓・営業支援などのコンサル活動や、執筆、研修コンテンツの作成等を中心に活動。中小企業の発展に貢献できる診断士となるべく奮闘中です。

====================
ご不明な点がありましたら事務局までお問い合わせくださいませ。
<お問合せ先>
取材の学校事務局
info_interview@producer-house.co.jp

その他の記事

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…