2019.01.09

卒業生体験談

【卒業生紹介】
米澤智子(6期生/通学)
◆メッセージ
私は公的支援機関で働いています。「取材の学校」を受講するまでは自己流で社長にヒアリングをしていましたが、講義で質問のスキームを学ぶことで、よりポイントをついた質問や、社長が把握していなかった潜在的な課題の掘り起しができるようになったと感じます。たくさんの執筆機会もいただき、報酬をいただきながら「伝わる」「自身の考えを伝える」文章の書き方を学ぶことができました。また、今まで会えなかったような方に取材を通じて出会い、お話を伺うことは「取材の学校」でしかできなかったと思います。
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
●「企業診断ニュース」2018年10月号特集「魔法の習慣10」
●幸せの選択肢が「ふえる」女性のための”お金”のメディアfuelle
https://fuelle.jp/
●ミラサポ 専門家ニュース「創業期の経営者に伝えたい、インキュベーション施設の活用」
●J-net21 経営課題別に見る 中小企業グッドカンパニー事例集
●「月刊企業診断」2018年12月号Umano!s

◆プロフィール
1985年会津若松市生まれ、横浜市出身。2009年地方銀行入行、中小企業融資業務に従事した後、本店総務部門で銀行全体の通信設備管理、防犯・防災管理等に従事。2016年中小企業診断士登録、2017年より公的支援機関にて商店街への専門家派遣事業などを担当。特技は居合道(五段)。

その他の記事

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】 吉田 潤(9期生/東京都在住)

【卒業生の紹介】吉田 潤(9期生/東京都在住)◆メッセージ的確な質問により必要な情報を過不足なく引き出し、読み手を意識した文章にまとめる力は、中小企業診断士の業務のみならず、あらゆるビジネススキルの基本になります。取材の学校では、そんなノウハウを、雑誌等に掲載されるインタビュー記事執筆のプロセスを通じて学ぶことができます。単に訊いて書くということだけではなく、事前の準備から各種イレギュラー対処まで、現実的な知恵を得ることができます。 加えて、ここには、あなたと同じ時期に診断士試験に合格した、つまり、知識レベルの合った意欲的な同期生たちがいます。このセミナーに参加し、課題をこなしていく3か月ほど…

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
吉川 和明(9期生/千葉県在住)

【卒業生の紹介】吉川 和明(9期生/千葉県在住)◆メッセージ取材の学校では、文章を書くスキルだけでなく、取材相手から話を聴きだして同じ目線で物事を捉え、相手の心情を読み解くスキルも身につきます。これは企業診断で経営者にヒアリングする際にも活用できるスキルです。スキルアップのために、雑誌記事やコラム記事の執筆機会を与えてもらえます。記事を投稿することで自分の名前も公開されますし、診断士活動のアピールにもなります。取材記事の場合は、様々な分野で活躍されている方々の話を聞く機会が得られ、独自の考え方や熱い想いに直接触れることができ自分自身の知見も広がります。また、同期生を含めた取材の学校出身者との関…