2019.03.11

卒業生体験談

取材の学校は東京に加え大阪、名古屋でも開校します!
(写真は昨年の名古屋校の様子)

~~~~~~~~~~~~
【卒業生の紹介】
加藤 智康(6期生/通学)
◆メッセージ
チャレンジできる場所が「取材の学校」です。
執筆で実績作りにチャレンジできます。そして、取材のスキルである、書く力、聴く力も身に付きます。
特に中小企業診断士合格後すぐは、自分が何ができるのか不安もあると思います。
そんな時、取材の学校の約100名の仲間との出会いや、執筆を通じて書くことのプロ意識を養うことで、不安は吹き飛んでしまいますよ。
また、堀切先生の「中小企業診断士を盛り上げたい」という気持ちに触れると、取材の学校で学ぶことに誇りを感じることができます。
日本で、こんなに中小企業診断士を魅了する学校はありません。私は卒業して確信しました。
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
企業診断ニュース2018年8月(特集:元気な中小企業訪問記 SUZUYA 取材&撮影)
企業診断2018年9月(特集:補助金支援 プロの手法)
企業診断ニュース2018年11月(特集:企業内診断士・孤軍奮闘記3 取材&撮影)

◆プロフィール
名古屋の製造業で社内システム開発に従事。
名古屋市昭和区にある地元の滝子商店街を盛り上げるべく、経験と実績作りに猛進している途中である。2017年中小企業診断士合格。
取材の学校6期生として、取材、執筆、撮影、講義などの実績を積む。

その他の記事

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】 吉田 潤(9期生/東京都在住)

【卒業生の紹介】吉田 潤(9期生/東京都在住)◆メッセージ的確な質問により必要な情報を過不足なく引き出し、読み手を意識した文章にまとめる力は、中小企業診断士の業務のみならず、あらゆるビジネススキルの基本になります。取材の学校では、そんなノウハウを、雑誌等に掲載されるインタビュー記事執筆のプロセスを通じて学ぶことができます。単に訊いて書くということだけではなく、事前の準備から各種イレギュラー対処まで、現実的な知恵を得ることができます。 加えて、ここには、あなたと同じ時期に診断士試験に合格した、つまり、知識レベルの合った意欲的な同期生たちがいます。このセミナーに参加し、課題をこなしていく3か月ほど…

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
吉川 和明(9期生/千葉県在住)

【卒業生の紹介】吉川 和明(9期生/千葉県在住)◆メッセージ取材の学校では、文章を書くスキルだけでなく、取材相手から話を聴きだして同じ目線で物事を捉え、相手の心情を読み解くスキルも身につきます。これは企業診断で経営者にヒアリングする際にも活用できるスキルです。スキルアップのために、雑誌記事やコラム記事の執筆機会を与えてもらえます。記事を投稿することで自分の名前も公開されますし、診断士活動のアピールにもなります。取材記事の場合は、様々な分野で活躍されている方々の話を聞く機会が得られ、独自の考え方や熱い想いに直接触れることができ自分自身の知見も広がります。また、同期生を含めた取材の学校出身者との関…