2020.03.22

卒業生体験談


【卒業生の紹介】
種村 基(7期生/通学)
◆メッセージ
―中小企業診断士になったものの、どんな活動をすれば良いか分からない。
私もそんな思いを抱いた合格者の1人でした。そんな折、先輩合格者から取材の学校を紹介して頂き、入校を決意しました。『取材の学校に入れば、診断士として執筆実績を積むことができるよ。』先輩診断士の言葉通り、取材の学校では数多くの執筆案件・お仕事情報を頂きました。
診断士、最初の一歩は取材の学校がおすすめです。会社の看板に頼らず、自分の名前で仕事していく。あなたもそんな経験を取材の学校でしてみませんか?
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
(株)同友館「企業診断」2020年3月号(予定)『プロコンたちの流儀』
東京東信用金庫 「東京イースト 中小企業の未来」(2020年3月予定/共著)
(株)エクスウィルパートナーズ Webサイト「先生ビジネス百科」
(株)プロデューサーハウス Webサイト「シンポタ」

◆プロフィール
滋賀県出身。日系製造メーカーに勤務。工場での勤務を経て、現在は本社にて担当製品の海外向け販売推進業務に従事。2019年中小企業診断士登録。

その他の記事

2022.01.22

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
福田浩之(9期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】福田浩之(9期生/大阪府在住)◆メッセージ中小企業診断士2次筆記試験に合格し、中小企業診断士になることが急に現実味を帯びてきた昨年冬、口述試験対策セミナーにて「取材の学校」を知りました。興味はあったものの遠い存在だった取材や執筆を中小企業診断士仲間と学べる場所、しかも実務従事ポイント取得の機会もあると知り、説明会の最中に申し込みました。実践を交えた講義はとても内容が濃く、講義や課題に取り組みながら試行錯誤することで、自然と取材、執筆に必要なスキルが身につきました。結果、実際の執筆案件を円滑に進めることができました。撮影等のオプション講座も充実しており、楽しみながら様々なスキルが…

2022.01.21

卒業生体験談

【卒業生の紹介】須々田 智昭(9期生/東京都在住)

【卒業生の紹介】須々田 智昭(9期生/東京都在住)◆メッセージ取材の学校のおすすめポイントは、ズバリ3つ!1.中小企業診断士に必要なスキルや知見を得られる2.人脈が広がり、診断士仲間から有益な情報や刺激を得られる3.執筆案件はもちろん、執筆以外のお仕事も紹介してもらえる質問力・傾聴力・文章力・企画力などの診断士活動に必要なスキルに加え、取材の学校の講師陣や取材を通じて知り合う著名人や先輩診断士の知見も得られます。さらに、取材の学校に入塾する診断士は意欲が高く、情報量も熱量もハンパないです。同期以外の先輩診断士との人脈も広がり、ロールモデルも見つかります。さらにさらに、取材の学校経由でお仕事も紹…