2020.01.10

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
髙務 智法(7期生/通学)
◆メッセージ
「いつかは本を書いてみたい」そう思いませんか。密かにそんな夢を抱く私は、第一歩として取材の学校を選びました。取材の学校では、読みやすい文章構成や、より読者を引き付ける書き方、正しい自己校正の手法など幅広く”書く”ことを学べます。また、卒業後に執筆案件の紹介も多数あり、“書く”ことを実践する場も設けられています。もちろん名前にもある通り、取材に関して一から丁寧に教わることができるため、診断士に求められる“聴く”力も身に着けることができます。今後“書く”ことを仕事にしたいと考えている方、診断士の基礎スキルを伸ばしたい方にはおススメいたします。ここには書ききれない魅力もまだまだありますので、ぜひ一度説明会で話を聞いてみてください。

◆執筆実績
全日本美容連合会「ZENBI」2020年1月号
モラロジー研究所「モラルBIZ」巻頭特集 6月号(執筆予定)

◆プロフィール
大学院卒業後、SIerに入社し、SEとしてシステム開発・運用を経験。その後、コンサルティング会社に転職し、ITコンサルタントとしてシステム構築の上流に関わる。アジャイルな開発を専門とし、webシステムを中心にインフラからアプリまで知見を有する。

その他の記事

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…