2020.01.10

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
髙務 智法(7期生/通学)
◆メッセージ
「いつかは本を書いてみたい」そう思いませんか。密かにそんな夢を抱く私は、第一歩として取材の学校を選びました。取材の学校では、読みやすい文章構成や、より読者を引き付ける書き方、正しい自己校正の手法など幅広く”書く”ことを学べます。また、卒業後に執筆案件の紹介も多数あり、“書く”ことを実践する場も設けられています。もちろん名前にもある通り、取材に関して一から丁寧に教わることができるため、診断士に求められる“聴く”力も身に着けることができます。今後“書く”ことを仕事にしたいと考えている方、診断士の基礎スキルを伸ばしたい方にはおススメいたします。ここには書ききれない魅力もまだまだありますので、ぜひ一度説明会で話を聞いてみてください。

◆執筆実績
全日本美容連合会「ZENBI」2020年1月号
モラロジー研究所「モラルBIZ」巻頭特集 6月号(執筆予定)

◆プロフィール
大学院卒業後、SIerに入社し、SEとしてシステム開発・運用を経験。その後、コンサルティング会社に転職し、ITコンサルタントとしてシステム構築の上流に関わる。アジャイルな開発を専門とし、webシステムを中心にインフラからアプリまで知見を有する。

その他の記事

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】 吉田 潤(9期生/東京都在住)

【卒業生の紹介】吉田 潤(9期生/東京都在住)◆メッセージ的確な質問により必要な情報を過不足なく引き出し、読み手を意識した文章にまとめる力は、中小企業診断士の業務のみならず、あらゆるビジネススキルの基本になります。取材の学校では、そんなノウハウを、雑誌等に掲載されるインタビュー記事執筆のプロセスを通じて学ぶことができます。単に訊いて書くということだけではなく、事前の準備から各種イレギュラー対処まで、現実的な知恵を得ることができます。 加えて、ここには、あなたと同じ時期に診断士試験に合格した、つまり、知識レベルの合った意欲的な同期生たちがいます。このセミナーに参加し、課題をこなしていく3か月ほど…

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
吉川 和明(9期生/千葉県在住)

【卒業生の紹介】吉川 和明(9期生/千葉県在住)◆メッセージ取材の学校では、文章を書くスキルだけでなく、取材相手から話を聴きだして同じ目線で物事を捉え、相手の心情を読み解くスキルも身につきます。これは企業診断で経営者にヒアリングする際にも活用できるスキルです。スキルアップのために、雑誌記事やコラム記事の執筆機会を与えてもらえます。記事を投稿することで自分の名前も公開されますし、診断士活動のアピールにもなります。取材記事の場合は、様々な分野で活躍されている方々の話を聞く機会が得られ、独自の考え方や熱い想いに直接触れることができ自分自身の知見も広がります。また、同期生を含めた取材の学校出身者との関…