2019.12.18

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
顧問 木下綾子(1期生/通学)

◆メッセージ
私も第1期を受講し、たくさん執筆をさせていただきました。おかげで実績を積みながら、聴く力を鍛えることができました。独立を目指す方にはぜひ受けていただきたいカリキュラムです。
独立してから、知識があるだけでは企業や発注者からの信頼を勝ち取ることはできないと感じています。相手の想いをどこまで引き出せるか、それはあなたの聴き方次第です。相手の真のニーズを理解するためにも、聴く力は必須の能力なのです。
企業内の方、独立を目指す方、すでに独立している方など、どんな方にも必ず活かせますので、ぜひ受講をご検討ください!

◆執筆実績
・第13次 業種別審査辞典(一般社団法人金融財政事情研究会)
・新・経営力向上TOKYOプロジェクト 事例集(東京商工会議所)
・「夢の実現 起業にチャレンジ!」(みんなの起業を応援する診断士の会) 第14章担当
・月刊企業診断(同友館) 2015年1月号~10月号 連載「ふぞろいな授業2015 1次試験編」
・月刊企業診断(同友館) 2014年9月号 特集「もう1つの診断士への道―養成課程の魅力を探る」
・J-Net21 「勉強会運営メンバーに聞く!勉強会の活用方法」
・月刊企業診断(同友館) 2014年8月号 「帰ってきた伝説の合格者たち」
・月刊企業診断(同友館) 2014年5月号 特集「日本をアツくするビジネスはこれだ!」
・道経塾(モラロジー研究所) 2014年5月号 「リーダーの条件」
・J-Net21 「ダブルライセンスによる診断士資格の活かし方」
・月刊企業診断(同友館) 2014年1月号~10月号 連載「ふぞろいな合格への道2014  2次試験」
・J-Net21 「実務に生きる1次試験知識」
・月刊企業診断(同友館) 2013年11月号「帰ってきた伝説の合格者たち」
・企業診断ニュース 2013年10月号 特集「魔法の習慣5」第1章
・ふぞろいな再現答案2(同友館) 共著
・ふぞろいな答案分析2(同友館) 共著
・ふぞろいな合格答案エピソード6(同友館) 共著

◆プロフィール
大学で電気電子情報工学を学び、電機メーカーに就職。組み込みソフトウェア開発に約9年従事。2008年のリーマンショックをきっかけに、経営がわかる技術者を目指して中小企業診断士の受験を始める。2012年度に中小企業診断士試験合格、2013年4月登録。2015年3月に株式会社ステラコンサルティングを設立し、代表取締役に就任。2015年4月に株式会社ライブリッツ・アンド・カンパニーの取締役に就任。経営改善、医工連携、執筆などを中心に活動している。

その他の記事

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】 吉田 潤(9期生/東京都在住)

【卒業生の紹介】吉田 潤(9期生/東京都在住)◆メッセージ的確な質問により必要な情報を過不足なく引き出し、読み手を意識した文章にまとめる力は、中小企業診断士の業務のみならず、あらゆるビジネススキルの基本になります。取材の学校では、そんなノウハウを、雑誌等に掲載されるインタビュー記事執筆のプロセスを通じて学ぶことができます。単に訊いて書くということだけではなく、事前の準備から各種イレギュラー対処まで、現実的な知恵を得ることができます。 加えて、ここには、あなたと同じ時期に診断士試験に合格した、つまり、知識レベルの合った意欲的な同期生たちがいます。このセミナーに参加し、課題をこなしていく3か月ほど…

2022.01.28

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
吉川 和明(9期生/千葉県在住)

【卒業生の紹介】吉川 和明(9期生/千葉県在住)◆メッセージ取材の学校では、文章を書くスキルだけでなく、取材相手から話を聴きだして同じ目線で物事を捉え、相手の心情を読み解くスキルも身につきます。これは企業診断で経営者にヒアリングする際にも活用できるスキルです。スキルアップのために、雑誌記事やコラム記事の執筆機会を与えてもらえます。記事を投稿することで自分の名前も公開されますし、診断士活動のアピールにもなります。取材記事の場合は、様々な分野で活躍されている方々の話を聞く機会が得られ、独自の考え方や熱い想いに直接触れることができ自分自身の知見も広がります。また、同期生を含めた取材の学校出身者との関…