2020.03.17

卒業生体験談

【卒業生の紹介】
波多野 晶博(7期生/通学)
◆メッセージ
最初に取材の学校の名前を聞いた時には、「???」でした。中小企業診断士が「取材」だったものですから。ただ、同期合格者の何人かは取材の学校のことを知っていて、一度説明会だけでも参加してみようと思いました。その後、入学に至るのですが結果は「正解」。堀切さんをはじめ事務局の皆さんの対応も丁寧で、講師の授業の質も高く、また多くの執筆の仕事を頂くこともできました。せっかく取得した資格、「中小企業診断士ならではの仕事をしてみたい!」という思いを持っている方には入学をお勧め致します!
https://producer-house.co.jp/academy/

◆執筆実績
同友館「企業診断」2019年11月号
中小企業診断士ポータルサイト「シンポタ」2019年9月インタビュー記事
モラロジー研究所「モラルBIZ」6月号(執筆予定)

◆プロフィール
大学卒業後、東証一部上場の総合アパレルメーカーにて人事・経理業務を経験。その後、中小医療機器メーカーに入社し人事・総務業務に従事。特に人事業務では、採用、教育、人事制度、労務、福利厚生など、社員の入社から退職まで一気通貫で幅広く経験してきた強みを持つ。社会保険労務士。

その他の記事

2021.01.05

卒業生体験談

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)

【卒業生の紹介】山部 浩平(8期生/埼玉県在住)◆メッセージ「診断士試験に受かったものの、経営者と対等に渡り合えるコンサルになれるのか?」コンサルや営業の経験がなく、極度の人見知りの私は、このような不安を抱えていました。そんな中、複数の診断士の先輩から『取材の学校』を勧められました。受講期間が4・5月で診断士協会の活動等が少ない時期というのもあり、受講を決断しました。『取材の学校』で学ぶことができる「書く」「聞く」「話す」力は、執筆や取材で役に立つのはもちろんですが、あらゆるビジネススキルの礎になります。当然、コンサル活動も例外ではありません。座学と実践を並行した講義を短期間で濃密に受けること…

2021.01.04

卒業生体験談

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)

【卒業生の紹介】武田 宗久(8期生/大阪府在住)◆メッセージ「中小企業診断士試験に合格したものの何をしたらよいか分からない!」,「実務補習が満員で,そもそも中小企業診断士の登録ができるかどうかも分からない!」 このような私の合格直後の悩みは,取材の学校に申し込むことで解消されました。 取材と中小企業診断士と何の関係があるのだろうと思った方も少ないと思います。しかし,充実した講義,取材・執筆による実績を積む機会(報酬あり),多くの仲間との出会い,実務従事の機会(無料)など,取材の学校で非常に多くのものを得ることができました。ZOOMを用いることにより自宅でも受講できるのもとてもよかったです。中小…