2024.06.04

【編集後記/掲載情報】
取材の学校11期生の渡邉智子です。
この度、モラロジー道徳教育財団発行の『れいろう』令和6年6月号の連載企画「世界に誇る 日本のMATSURI」の執筆を担当させていただきました。

今回は全国的にも珍しい、野外歌舞伎舞踊を奉納するお祭りである栃木県那須烏山市の「山あげ祭」について、那須烏山市商工観光課の方にお話を伺いました。早朝から深夜まで、市内の各所をめぐりながら移動式舞台の設置、公演、解体を1日に5〜6回も繰り返すという、舞台関係者なら想像するだけで真っ青になってしまいそうな、過酷で優美なお祭りです。今年は7月の26日~28日の3日間に開催されます。

雑誌「れいろう」は、書店では販売されておりませんが、Webサイト『道徳の本屋さん』で購入することができます。ぜひご一読ください。

https://ecmoralogy.jp/







【 取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】
ホームページ : https://producer-house.co.jp/takumi/
フェイスブック(取材の学校): https://www.facebook.com

その他の記事

2024.06.18

この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~養成課程奮闘編~」で、今井章夫さんの「家族と仲間の絆で勝ち取った中小企業診断士というパスポート」の取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の増田利弘です。この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~養成課程奮闘編~」で、今井章夫さんの「家族と仲間の絆で勝ち取った中小企業診断士というパスポート」の取材記事を執筆させていただきました。 現在、新聞社の新規事業を担当している今井さん。診断士になりたいという強い思いは、家族と養成課程の仲間の絆によって、実現しました。リーダーを務めた実習など、学びと実践の場で、「自信と成長」、そして「多様性の大切さ」を実感したそうです。診断士になってからも進化を続ける今井さんの軌跡、ぜひご一読ください。第1回:https://shinpot…

2024.06.17

このたび、「大田区から広がる!日本の町工場応援メディア『創×造/SO-ZO』」において、東京都葛飾区の岩城フィルム化工株式会社を取材し、記事を執筆しました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の湯山 聡です。このたび、「大田区から広がる!日本の町工場応援メディア『創×造/SO-ZO』」において、東京都葛飾区の岩城フィルム化工株式会社を取材し、記事を執筆しました。 皆さんは、鮮やかな色に彩られたゴルフクラブのシャフトを見たことがあるでしょうか。従来、銀色にメッキが施されたシャフトには塗装が難しく、装飾が施されることはほとんどありませんでした。しかしその一方で、ゴルフクラブで個性を表現できる唯一のパーツとも考えられてきました。岩城フィルム化工の代表取締役である岩城氏はこの難題に挑み、長年の努力を経て見事に解決、独自の塗装技術を生み出しました。この…