2021.10.04

【編集後記/掲載情報】
取材の学校8期生の岡本崇志です。
この度「企業診断」10月号、特集「アフターコロナの中小企業戦略——企業の持続可能性を高める支援のポイント」を3人チームの1人として執筆させていただきました。

第1章で、コロナ禍による変化と、中小企業支援施策の変遷を整理しました。
第3章で、東京都渋谷区のCONOCさんを取材しています。
建設測量から内装、ITへと事業領域を変化させ、新たな価値を発揮してきた企業です。建設ITでは、事業再構築補助金の卒業枠で採択を受けています。

特集全体を通してアフターコロナに向け、中小企業が持続的に価値を発揮し、時代の要請に応えていくために中小企業診断士がどう関わるべきかを考察しています。ぜひ特集を読んでいただければ幸いです。

【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】
ホームページ : http://syuzai-takumi.com/
フェイスブック(取材の学校): https://www.facebook.com/syuz

その他の記事

2022.01.23

このたび、当職が起案した「新型コロナウイルスにより影響を受けた事業者の破産回避対策」がアリババジャパンプレスのウェブサイトに登載されました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校8期の武田宗久です。このたび、当職が起案した「新型コロナウイルスにより影響を受けた事業者の破産回避対策」がアリババジャパンプレスのウェブサイトに登載されました。コロナ禍による経営の窮状をどのように乗り越えるかについて、多面的な検討を行っています。ぜひご一読いただければ幸いです。https://www.b2b.alibaba.co.jp/aj-press/000978 【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】 ホームページ : https://producer-house.co.jp/takumi/ フェイスブック(取材の学校)…

2022.01.23

このたびビズオーシャンジャーナル(2021/12/28)において、「2022年税制改正大綱のポイント」を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の植田 裕之(うえだ ひろゆき)です。このたびビズオーシャンジャーナル(2021/12/28)において、「2022年税制改正大綱のポイント」を執筆させていただきました。政権与党である自由民主党と公明党は12月10日、2022年度与党税制改正大綱を発表しました。今回はこの改正大綱の中でも法人税に注目し、改正の主な内容と狙いを解説し、次回その実現可能性について考察しました。改正の大部分は現在の税制を腐臭するものでしたが、賃上げ税制やオープンイノベーション促進税制などは適用範囲を広げ減税幅を拡充しており、岸田色を色濃く出したものになっています。拙文ではありますが…