2024.01.31

【編集後記/掲載情報】
取材の学校11期生の鈴木雅子です。
このたび、『企業診断』2月号において連載「伝説の合格者たち」を執筆いたしました。

お話をうかがった田中さんは、大学1年生から勉強を開始し、2年後に大学3年生で見事合格されました。社会人経験のない中、どのように診断士試験と向き合い、合格を果たしたのか。記事では、知識の定着や対応力向上のために意識していたことなどについて紹介しています。ぜひご一読ください。




【 取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】
ホームページ : https://producer-house.co.jp/takumi/
フェイスブック(取材の学校): https://www.facebook.com

その他の記事

2024.02.26

この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で、増田利弘さんの「「人の倍」勉強して勝ち取った合格。「省エネ」診断士が注ぎ込んだ勉強へのエネルギー」の取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の鈴木俊治です。この度、診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で、増田利弘さんの「「人の倍」勉強して勝ち取った合格。「省エネ」診断士が注ぎ込んだ勉強へのエネルギー」の取材記事を執筆させていただきました。 新規事業へ取り組む中で中小企業診断士資格を志し、人の倍、実に2,080時間勉強し、見事に合格を勝ち取りました。受験時代の葛藤や合格後の活動における想いなどぜひご一読ください。第1回:https://shinpota.com/?p=76426 【 取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」…

2024.02.26

この度、モラロジー道徳教育財団発行『れいろう』令和6年3月号の連載企画「世界に誇る日本のMATSURI」の執筆を担当させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校11期生の植村 裕加です。この度、モラロジー道徳教育財団発行『れいろう』令和6年3月号の連載企画「世界に誇る日本のMATSURI」の執筆を担当させていただきました。 連載5回目の今回は、日本三大祭に数えられる天神祭について、大阪天満宮の方にお話を伺いました。千年もの長い歴史を持つ祭りに対する思い、伝統を受け継ぎながら時代に応じた新しい取り組みなどについて、紹介しています。今年の天神祭は、宵宮が7月24日(水)、本宮が7月25日(木)に開催されます。お時間があれば足を運んでみてはいかがでしょうか。 雑誌『れいろう』は書店では販売していませんが、Webサイト『道徳の…