2022.07.12

【編集後記/掲載情報】
取材の学校9期生の向井裕人です。
中小企業診断協会の会報誌『企業診断ニュース』2022年7月号の特集記事「コロナ禍の中小企業支援施策」の第3章「コロナ後を見据えて温泉旅館が変えたこと」を執筆させていただきました。

本特集では、新型コロナウイルス感染症によって影響を受けた中小事業者に対する、経済産業省をはじめとした公的な支援事業の紹介とそれを使った支援事例を紹介しています。

第3章では、主に北海道で宿泊・飲食の事業者への支援でご活躍されている大岩佳弘先生を取材させていただきました。、大岩先生がこれまでの宿泊・飲食における経験を活かし、国の支援策を利用した事例になります。

下記、中小企業診断協会のHPからもご覧いただけます。
ぜひ、ご一読ください。

中小企業診断協会
https://www.j-smeca.jp/attach/article/article_2022_07_12-15.pdf




【 取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】
ホームページ : https://producer-house.co.jp/takumi/
フェイスブック(取材の学校): https://www.facebook.com

その他の記事

2022.08.12

この度、全日本美容連合会が発行する機関誌『ZENBI』2022年8月号の連載企画「挑戦の軌跡」にて、国立成育医療研究センターもみじの家ハウスマネージャー 内多勝康さんのインタビュー記事を執筆いたしました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の寺本祐太郎です。この度、全日本美容連合会が発行する機関誌『ZENBI』2022年8月号の連載企画「挑戦の軌跡」にて、国立成育医療研究センターもみじの家ハウスマネージャー 内多勝康さんのインタビュー記事を執筆いたしました。 長年NHKアナウンサーとして活躍された内多さんですが、53歳のときにアナウンサーの職を辞し、畑違いの福祉の現場に飛び込みました。転職先は、人工呼吸器の使用や痰の吸引など日常的に医療的ケアが必要な子ども(医療的ケア児)と家族のための短期入所施設である「もみじの家」。医療的ケア児と家族のために奔走する内多さんに、決断の背景にあった思いや新た…

2022.08.11

この度,診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で,牛屋広和さんの「2次試験勉強時間1000時間で見事合格!多年度受験を通じて得たものとは」の取材記事を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校10期生の石川直紀です。この度,診断士ポータルサイト(シンポタ)の「拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~」で,牛屋広和さんの「2次試験勉強時間1000時間で見事合格!多年度受験を通じて得たものとは」の取材記事を執筆させていただきました。 牛屋さんが多年度受験の中で、やる気スイッチを入れたきっかけ、どのように1000時間の2次試験勉強時間を達成し合格したのか?牛屋さんの合格の秘策と今後に向けての展望などぜひご一読ください。 第1回 https://shinpota.com/?p=57872 第2回 https://shinpota.com/?p=57909【 取…