2021.08.14

【編集後記/掲載情報】
取材の学校9期の向井裕人です。
このたび、株式会社エクスウィルパートナーズ様の志師塾サイトに「弁理士の年収と、稼げる弁理士になるために3つのポイント」を執筆させていただきました。

弁理士は特許、商標、意匠などの知的財産法に精通し、特許庁への申請代行を独占業務を主として行っています。全世界で特許出願件数は増加を続けている中、日本では出願件数が減少傾向にあります。そのような状況の中でも、強みである知的財産を活かす知財戦略の重要性はますます高まっています。

この記事では、弁理士を取り巻く現在の状況と、弁理士としてこれから年収を上げるための3つのポイントについてご紹介します。
ぜひ、ご一読ください。

弁理士の年収と、稼げる弁理士になるために3つのポイント
https://44jyuku.com/annual-income-of-patent-attorney/



【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】
ホームページ:http://syuzai-takumi.com/
フェイスブック(取材の学校):https://www.facebook.com/syuz

その他の記事

2022.01.23

このたび、当職が起案した「新型コロナウイルスにより影響を受けた事業者の破産回避対策」がアリババジャパンプレスのウェブサイトに登載されました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校8期の武田宗久です。このたび、当職が起案した「新型コロナウイルスにより影響を受けた事業者の破産回避対策」がアリババジャパンプレスのウェブサイトに登載されました。コロナ禍による経営の窮状をどのように乗り越えるかについて、多面的な検討を行っています。ぜひご一読いただければ幸いです。https://www.b2b.alibaba.co.jp/aj-press/000978 【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】 ホームページ : https://producer-house.co.jp/takumi/ フェイスブック(取材の学校)…

2022.01.23

このたびビズオーシャンジャーナル(2021/12/28)において、「2022年税制改正大綱のポイント」を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】取材の学校9期生の植田 裕之(うえだ ひろゆき)です。このたびビズオーシャンジャーナル(2021/12/28)において、「2022年税制改正大綱のポイント」を執筆させていただきました。政権与党である自由民主党と公明党は12月10日、2022年度与党税制改正大綱を発表しました。今回はこの改正大綱の中でも法人税に注目し、改正の主な内容と狙いを解説し、次回その実現可能性について考察しました。改正の大部分は現在の税制を腐臭するものでしたが、賃上げ税制やオープンイノベーション促進税制などは適用範囲を広げ減税幅を拡充しており、岸田色を色濃く出したものになっています。拙文ではありますが…