岡田 直子

岡田 直子

取材の学校・9期事務局/中小企業診断士

メッセージ

「限られた時間の中で、相手と信頼関係を築き、必要な情報を収集し、分かりやすく文章にまとめる」中小企業診断士に限らず、仕事をする上で重要なスキルです。

取材の学校では、このスキルを「取材力」と呼んでいます。

私が出会った診断士の先輩方は、この「取材力」を備えており、皆さん『取材の学校』を新人時代に受講されていました。

だからという訳ではないのですが(笑)、 私も2019年の合格後、すぐに取材の学校に申し込み、8期生として受講しました。

体系立てて学べ、実践の場をいただける点が魅力的でした。また、講義の中で、同期と活発に議論することも、より理解を深める時間となり、スキルだけではなく志高い仲間と出会うことができました。

中小企業診断士の仕事は、

  • 診る(コンサルタント)
  • 書く(執筆)
  • 話す(講師)

と言われますが、どの仕事においてもこの「取材力」は必要です。

すべての仕事に通じる「取材力」を学べる取材の学校は、中小企業診断士の活動の第一歩として、とてもおすすめです。

2021年に開講する9期では、事務局として皆さまのサポートを全力でさせていただきますので、ぜひご検討ください。お待ちしています!

プロフィール

栃木県大田原市出身。大学卒業後、総合広告代理店へ入社。新卒から現在まで営業職として、さまざまなクライアントを担当。不動産、商業施設、アパレルメーカーのマーケティングや広告・PRに従事。2020年5月中小企業診断士登録。

執筆実績

  • 公益財団法人モラロジー研究所発行「れいろう」
  • 2020年11月号「ぼくらの未来スケッチ11」取材/執筆